高橋真梨子の歌謡曲とは
一線を画す大人の魅力を
ソロデビューアルバム
『ひとりあるき』から探る

『ひとりあるき』('79)/高橋真梨子

『ひとりあるき』('79)/高橋真梨子

12月1日、高橋真梨子がライヴ映像Blu-ray 5作品とそのボックスセット、そして、それらライヴ作品からMCを除く楽曲のみを収録したCD5作品が発売された。1993年の『CARNEGIE HALL N.Y. COMPLETE LIVE』をはじめ、いずれも彼女のキャリアの中でも伝説的と呼び声の高いコンサートの作品化であり、ファン垂涎のアイテムであることは間違いない。2022年1月からは“最後の全国コンサートツアー”を開催することも話題となっているが、今週はそんな彼女のソロデビュー作『ひとりあるき』に、高橋真梨子の特徴を見出そうという趣向である。

歌謡曲とは一線を画す大人な世界

高橋真梨子というと、すでに“大人”と呼ばれるに十分な年齢になった自分かた見ても、“大人な世界を歌う女性シンガー”という印象が強い。Wikipediaの「桃色吐息」の解説がその辺を上手く言い当てていたので以下に引用させてもらう。[三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソングとして一般に浸透し、髙橋の代表曲の一つとなった。妖艶・濃厚な大人の世界を描きながら、それまで業界の大勢であったムード歌謡とは一線を画する美しさを兼ね備えた作風であり、同じく当年の大ヒットである安全地帯『ワインレッドの心』と並び称される]とある。「ワインレッドの心」と並び称されているかどうかはともかく、[妖艶・濃厚な大人の世界]や、[ムード歌謡とは一線を画する美しさを兼ね備えた作風]には激しく同意するばかりだ([]はWikipediaからの引用)。「桃色吐息」の歌詞を以下に抜粋。

《咲かせて 咲かせて/桃色吐息/あなたに 抱かれて/こぼれる華になる》《ふたりして夜に こぎ出すけれど/だれも愛の国を 見たことがない》《金色 銀色/桃色吐息/きれいと 言われる/時は短すぎて》(10thシングル「桃色吐息」(1984年) 作詞:康珍化/作曲:佐藤 隆)

多分、不倫の情事を描いたものだろう(不倫じゃないにせよ、《だれも愛の国を 見たことがない》のだから、いわゆる、愛情のない逢瀬ではあろう)。ムード歌謡で言えば、立花淳一の「ホテル」やテレサ・テンの「愛人」に近い世界観を持った歌詞ではないかと想像するけれども、それらに比べてだいぶマイルドな印象ではあるし、お洒落…というと語弊があるかもしれけれど、少なくとも“THE昭和”的な、いなたさは感じられない。

「桃色吐息」以外の彼女の代表曲である8thシングル「for you…」、26thシングル「ごめんね…」も然り。開放感あるサビメロをドラマティックに歌い上げている「for you…」の歌詞はこんな内容だ。

《わがままばかりでごめんなさいね/恋人と別れて/あなたの部屋で 酔いつぶれてた/そんな夜もあった》《もしも 逢えずにいたら/歩いてゆけなかったわ/激しくこの愛つかめるなら/離さない 失くさない きっと》《あなたが欲しい あなたが欲しい/もっと奪って 心を/あなたが欲しい あなたが欲しい/愛が すべてが欲しい》(8th「for you…」(1982年) 作詞:大津あきら/作曲:鈴木キサブロー)

勢い浜田省吾「もうひとつの土曜日」と対を成しているような内容だと感じたが、「もうひとつ~」は浜省の18thシングル「LONELY-愛という約束事」のカップリング曲として初出が1985年発売なので、「for you…」のほうが先発。だいぶ本音を吐露している印象がある。ある意味、耐え忍んでいる感じがないのがムード歌謡との決定的な違いだろうか。軽々に“女性が強くなった時代が関係していて…”などと言うつもりはないけれど、アグレッシブなスタンスは十分にうかがえる。本音と言えば、「ごめんね…」はもっと赤裸々だ。

《好きだったの それなのに 貴方を傷つけた/ごめんね の言葉 涙で 云えないけど 少しここに居て》《悪ふざけで 他の人 身を任せた夜に/一晩中 待ち続けた 貴方のすがた 目に浮かぶ》《消えない過ちの 言い訳する前に/貴方に もっと 尽くせたはずね/連れて行って 距離のない国》(26th「ごめんね…」(1996年) 作詞:高橋真梨子/作曲:水島康宏)。

“《悪ふざけで》って…!?”と思わず言いそうになるが、その突っ込みはいったん脇に置いておいたとしても、こうして歌詞だけを見てみるとなかなか衝撃的な内容ではある。しかしながら、まったりとしたメロディーに乗せられているからだろう。変に湿っぽくなく、ダークサイドに寄った感じに聴こえない。よくできた楽曲であることを改めて知ったところである。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着