22年2月開催「調布シネマフェスティ
バル」で「魔女の宅急便」上映 初号
試写に近づけたDCPを使用

(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N 東京・調布市で2022年2月11日~3月6日に開催される映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2022」で、1989年に公開されたスタジオジブリ作品「魔女の宅急便」の上映が決定した。同映画祭では「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」に続く宮崎駿監督作の上映となる。
 「魔女の宅急便」は、イオンシネマ シアタス調布で2月26日~3月6日に上映。スタジオジブリが制作当時の35ミリフィルム初号試写に近づけて作成したDCP(デジタルシネマパッケージ)を用い、同館最大を誇る幅約20メートルの大型スクリーンに映し出される。チケット料金は大人1100円、小学生~高校生1000円、幼児900円で、12月17日から劇場窓口とe席リザーブで販売が開始される。
 なお、上映を記念して12月17日まで、主人公キキのパートナーである黒猫・ジジの、同映画祭限定アクリル製マスコットが合計100人に当たるリツイートキャンペーンがTwitter上で実施されている。
 そのほか同映画祭では、「第4回日本映画人気投票」の上位作品から選ばれた、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」や、実写映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」「東京リベンジャーズ」など7作品が上映される。一部作品の上映前後には、監督をはじめとするスタッフのトークショーなども行われる(トークゲストは22年1月に発表)。会場は調布市文化会館たづくり くすのきホールで、チケット料金は前売り500円、当日800円。上映スケジュールは以下のとおり。
2月27日 午前10時30分 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(第3位)
2月27日 午後3時30分 「花束みたいな恋をした」(第1位)
3月4日 午後3時 「天外者」(第2位)
3月5日 午前10時30分 「るろうに剣心 最終章 The Beginning」(第14位)
3月5日 午後3時30分 「東京リベンジャーズ」(第7位)
3月6日 午前10時30分 「浅田家!」(第5位)
3月6日 午後3時30分 「ヤクザと家族 The Family」(第13位)

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着