マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」歌詞の意味を徹底考察!「、」が示す深い愛にきっと涙する

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」歌詞の意味を徹底考察!「、」が示す深い愛にきっと涙する

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、
」歌詞の意味を徹底考察!「、」が示
す深い愛にきっと涙する

マカロニえんぴつの新曲はストレートに愛を歌う

▲マカロニえんぴつ - 『なんでもないよ、』【OfficialMusicVideo】
大人気ロックバンド・マカロニえんぴつの、待望のメジャー1stフルアルバム『ハッピーエンドへの期待は』が、2022年1月12日にリリースされます。
それに先立ち、収録曲の『なんでもないよ、』が11月3日に先行配信されると、LINE MUSIC「ソング Top 100」の当日のデイリーランキングで6位にランクイン。
また、同日より公開されている柄本時生出演のMVもYouTubeで急上昇入りし、たった1日で15万回再生を記録しました。
マカロニえんぴつといえば、様々な愛を切り取って描くのが得意なバンドです。
メンバー全員音大出身という技術の高いバンドサウンドと、フロントマンである"はっとり"のセンス抜群の歌詞と歌声で、愛の切なさや儚さを情感たっぷりに表現してきました。
最新曲となる『なんでもないよ、』では、人を愛することの真の姿を、飾り気のない言葉でストレートに表現しています。
なんでもないよ、 歌詞 「マカロニえんぴつ」
https://utaten.com/lyric/mi21100833
愛する人を喜ばせる気の利いた「とっておきのセリフ」も言えなければ、自慢できるような「特別な容姿」もない。
「僕には何もないな」と少し消極的な主人公のようですが、それは多くの人が共感できる考えかもしれません。
そんな彼の恋人も、ラブソングの中にあるような「愛や幸せ」といった、大それたものをくれたわけではありませんでした。
「とびっきりの普通とそこに似合う笑顔」というフレーズの通り、二人の間には何も特別ではないありきたりな日々があり、互いに笑い合える何気ない時間があります。
現実もきっとそうで、そういう平凡な時間にこそ幸せを感じているのではないでしょうか。
そうした誰しもが身近に感じる愛の形が、この楽曲には描かれているのです。
続く歌詞に込められたメッセージも考察していきましょう。
「、」に隠された意味とは
なんでもないよ、 歌詞 「マカロニえんぴつ」
https://utaten.com/lyric/mi21100833
自身のことを消極的に見ていると、あまりに平凡な自分と一緒にいてくれる恋人に「僕でよかったかい?こんな僕でよかったのかい?」と尋ねたくなってしまうでしょう。
しかし、主人公はあえて聞かず「だって君がよかったんだ」と歌います。
君がたとえ今後悔しているとしても、僕は君がよかったんだ。
自分本位にも思える言葉ですが、きっと愛とは実際そういうものです。
愛を返してほしいと思うのも、相手のために何かしたいと思うのも、結局は自分が持つ愛が原動力です。
だから相手の愛を確かめるのではなく、今の幸せな時間があることで満足している主人公のストレートな想いも理解できるでしょう。
そして、彼は自分がこれから先も「君がよかった」と言い続ける予感がしています。
触れ合いも言葉も必要ないほど、「心の関係」が強く結ばれていることが伝わってきますね。
なんでもないよ、 歌詞 「マカロニえんぴつ」
https://utaten.com/lyric/mi21100833
サビではより正直な気持ちが綴られています。
「会いたい」「そばに居たい」「守りたい」という言葉は、数多くのラブソングで歌われてきました。
確かに想いを伝える素敵な言葉ですが、彼は「そんなんじゃなくて ただ僕より先に死なないでほしい」と続けます。
自分を置き去りにして独りぼっちにしないでほしいという願いは、究極の愛の形に思えます。
彼はもっと自分の気持ちに適切な言葉を伝えようとして、それでもうまく言えなくて「やめときゃよかったな」と考えたことを後悔しているようです。
そうして彼女に「何でもないよ」と告げて、言いかけた言葉をなかったことにしてしまいます。
その後、タイトルでもある「なんでもないよ、」のフレーズが登場します。
わざわざ「、(読点)」がつけられているのは、おそらく本当は伝えたいことがたくさんあるのに言えない、主人公の複雑な想いが込められているからなのでしょう。
「なんでもないよ」と言い切るには伝えておきたい言葉がたくさんありすぎる彼の、深い愛が垣間見えます。
愛する人がいるから自分を好きになれる
なんでもないよ、 歌詞 「マカロニえんぴつ」
https://utaten.com/lyric/mi21100833
これまでの多くの記憶を振り返り、主人公は「僕にはなにもないな、ってそんなこともないな」と気づきます。
「本気で怒った顔」も「呑気に眠る顔」も「大きい笑い声」も、女性にとってはあまり覚えていてほしくないものかもしれません。
しかし、そのどれもがきっと心を許した人の前でしか見せないものです。
愛する彼女のそうした様々な表情を見て声を聞けるというだけで、自分自身の存在さえ特別に感じています。
自分だけが見聞きしたいと言うのではなく、誰よりも一番たくさん見聞きできることを幸せに思う現実的な考え方に優しい人柄がにじみ出ているように思えます。
なんでもないよ、 歌詞 「マカロニえんぴつ」
https://utaten.com/lyric/mi21100833
最後のサビでもどうしても言葉がまとまらず、自分の考えも分からなくなっているようです。
しかし「そんなもんじゃなくって」というフレーズから、たった一言で表現できるような単純な想いではないことが理解できるのではないでしょうか。
愛は綺麗な感情ばかりではなく、自分自身でも驚くような気持ちに気づくこともあります。
そういう気持ちを表現しようとすると、きっと誰もがこの主人公のようにうまく言葉にできないでしょう。
そして「何でもないよ」と口では言いながら、頭の中ではまだ言葉を探しているのです。
主人公はその中で一つの答えを出します。
それが「君といるときの僕が好きだ」という一言に凝縮されています。
何もないと思っていた自分を、好きだと断言できるというのは大きな変化です。
好きな人と過ごすことで、人として成長できたのかもしれませんし、自分への見方が変わったのかもしれません。
どちらにしても人を愛するということは、愛する人といる自分ごと好きになれる尊い感情であることに気づかされます。
今愛する人がすぐそばにいないとしても、誰かを深く愛することができたという事実があるだけで幸せと思えるような温もりを感じる楽曲です。
「なんでもないよ、」はマカロニえんぴつが送る史上最強のラブソング
マカロニえんぴつの新曲『なんでもないよ、』は、手の届く幸せがより特別に見えてくる珠玉のラブソング。
MVのコメント欄では「マカえん史上最強ラブソングだ」「聴きながら泣いていました」と絶賛されていて、MVを見るとさらに歌詞が伝えるメッセージが胸に迫るでしょう。
ぜひ愛する人のことを思い浮かべながら聴いてみてくださいね。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着