スピルバーグ最新作 映画『ウエスト
・サイド・ストーリー』新映像&日本
版本ポスター解禁 

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作映画『ウエスト・サイド・ストーリー』が2022年2月11日(祝・金)に公開されるが、このたびスピルバーグ監督のコメント映像が公開された。
スピルバーグ監督コメント映像
映像では、華やかな衣装を纏ったダンサーたちの壮大で迫力あるダンスシーンや、物語の舞台であり象徴の”アメリカ”を歌い上げた楽曲「America(アメリカ )」のキャッチーなメロディに乗せた本編映像と共に、若手キャストへ演出をするスピルバーグ監督の貴重な撮影の裏側を見ることが出来る。
スピルバーグ監督は、作品の完成を祝い俳優たちや撮影スタッフへ、「もう何か月もこの映画の制作に携わってきたが、ついにすべての要素がアンサンブルを奏でひとつになった」と完成に向け手ごたえを語る。
また、念願だった作品の映画化がかなった監督は、「(本作は)私のキャリアの集大成」と自身の映画監督人生において、いかに本作が重要な作品であるかに言及。これまで、人気シリーズ作品からオスカー受賞作品まで、多岐にわたるジャンルの映画を撮り続けてきたスピルバーグ監督が、自身の映画人生の集大成として初めて挑戦するミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』に注目したい。
そして主人公のトニー(アンセル・エルゴート)とマリア(レイチェル・ゼグラー)による華やかな“ダンスVer”、深い愛を確かめ合う“禁断の愛Ver”の日本版本ポスターが一挙解禁となった。
『ウエスト・サイド・ストーリー』日本版本ポスター[ダンスVer]
『ウエスト・サイド・ストーリー』日本版本ポスター[禁断の愛Ver]
物語の舞台は、1950 年代のニューヨーク──マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求める多くの移民たちがいた。差別や偏見に満ちた社会の中で、若者たちは同胞の仲間と結束し<ジェッツ>と<シャークス>のグループは敵対し合い一触即発の状態に。
“ダンスVer”で熱い視線を送り合っているトニーは<ジェッツ>の元リーダーで、マリアは敵対する<シャークス>のリーダー、ベルナルドの妹。2人は“ダンスパーティー”で運命的に出会い、一瞬で惹かれ合うが“ひとつになれない世界に愛し合える場所はあるのか?”という切実な想いが綴られているように、異なる立場にいる者同士の切ない恋模様が描かれている。
また、“禁断の愛Ver”で描かれているのは、パーティーで衝撃的な出会いをした後に偶然再会し、お互いの愛情を確かめ合う2人。トニーがマリアに街から一緒に逃げようと告白しているように、2人が愛し合える場所を必死に探し出そうとする様子が描かれている。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着