2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ

2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ

【04 Limited Sazabys
ライヴレポート】
『YON EXPOʼ21』
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ

2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
2021年11⽉28⽇ at 幕張メッセ
 04 Limited Sazabys(以下、フォーリミ)が“空港”をテーマに据えて地元・愛知県で開催した『YON EXPO’20』に続き、今年も『YON EXPO’21』を開催。単独では初となる千葉・幕張メッセ2デイズで実施され、ファンにはすでにお馴染みである架空の運送会社『Yon Express』をモチーフに掲げて展開! その最終日となる11⽉28⽇は、映画並みに凝ったオープニングムービーで職場で働くフォーリミの様子を伝えたあと、紗幕にGEN(Vo&Ba)、RYU-TA(Gu&Cho)、HIROKAZ(Gu)、KOUHEI(Dr&Cho)のメンバー4人の影絵が浮かび上がり、「Just」でショーが始まった。まず目を引いたのは巨大倉庫を模した大掛かりなステージセットである。クレーン、コンテナ、ステージ背面と左右にはダンボール箱が山積している。しかし、照明効果でその箱が都会のビル郡のようなお洒落感を醸し出していたから不思議だ。

 間髪入れずに「Warp」「My HERO」と演奏の加速度を上げ、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュート参加曲「未来の破片」の力強さ漲るカバーも聴き応え十分だった。“かかってこいよ!”とRYU-TAが煽ると、2ビートで駆け抜ける「monolith」を皮切りに、「escape」「Alian」「Utopia」とバチバチのアサンブルで観客をジャンプさせる至福の光景が広がっていく。次の「fade」においてはステージ上の炎とスモークの量が尋常ではなく、GEN曰く“劇場版フォーリミ”の言葉に偽りない非日常感で観客を昇天させていった。

 次に荒ぶるロックナンバー「Jumper」につなぐと、中盤すぎには恒例のアコースティックコーナーへ。「Terminal」、続けて2014年の初・幕張メッセのライヴで1曲目にやったという「Buster call」の2曲を披露。GENは伸びやかな美声はここ幕張メッセでも存分に発揮。その流れでステージ上のミラーボールが煌々と回る中で「midnight cruising」を投下する。壮大なる幻想世界に誘ったあと、「Cycle」の《止まらない未来 目を逸らさず進め》の歌詞にも激しく鼓舞されてしまった。

 後半は「Letter」「hello」、観客をあえて座らせて「milk」と歌モノを丁寧に届ける姿も印象的で、“俺たちの人生はまだまだ続く!”と宣言して「Feel」を、さらに「Squall」とエモーショナル全開に突っ走り、多くの人たちにカタルシスをもたらしていた。アンコールではフォーリミ主催の野外フェス『YON FES 2022』が3年振りに帰ってくるお知らせもあり、個人的にも非常に嬉しかった。そして、バンド/ロックシーンやみなさんの未来に光が射すようにという願いを込めて「swim」をドロップ。希望輝くメッセージでフロアーを照りつけると、ラストは「Give me」で観客全員を笑顔にさせるファンな空気を作り出して大団円。

 全26曲を駆け抜けた今回のワンマンは気負わず、飾らず、普段着(ライヴ中に衣装を3回チェンジしたけれど!)の兄ちゃんたちが非日常の宴を繰り広げているムードにあふれていた。職場(幕張メッセ)に招かれたとはいえ、バンドにとっても、ファンにとっても居心地の良いホーム的な空気感も同時に感じた。炎やスモークを含む大掛かりな舞台セットと、どこまでも変わらない温かな人間味を放出し続けるフォーリミ。そのギャップの激しさに筆者はずっと魅了され続けているのだろう。毎回、平気な顔をしてすごいことをやってのけるロックバンドがフォーリミなのだ。そのカッコ良さを改めて噛み締めた最終公演だった。

撮影:ヤマダマサヒロ/取材:荒金良介


セットリスト

  1. 1. Just
  2. 2. Warp
  3. 3. My HERO
  4. 4. Now here, No where
  5. 5. labyrinth
  6. 6. 未来の破片
  7. 7. ghost
  8. 8. monolith
  9. 9. escape
  10. 10. Alien
  11. 11. Utopia
  12. 〜映像〜
  13. 12. fade
  14. 13. Jumper
  15. 14. Lost my way
  16. 15. Milestone
  17. 16. Terminal (acoustic)
  18. 17. Buster call (acoustic)
  19. 18. midnight cruising
  20. 19. Cycle
  21. 20. Letter
  22. 21. hello
  23. 22. milk
  24. 23. Feel
  25. 24. Squall
  26. <ENCORE>
  27. 1. swim
  28. 2. Give me
04 Limited Sazabys プロフィール

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。04 Limited Sazabys オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着