パンダドラゴン、夢のステージ・サン
リオピューロランドでポムポムプリン
と共演 “KAWAII”が溢れたイベント
をレポート

KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~

2021.11.20 フェアリーランドシアター(サンリオピューロランド)
想像以上の好相性が生んだ、KAWAIIの大渋滞!
11月20日に、サンリオピューロランドのフェアリーランドシアターにて開催された、6人組アイドルグループ・パンダドラゴン✕サンリオピューロランド『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』。「サンリオ愛してる男子オーディション」にて“ベストオブサンリオ男子”に選出されたパンダドラゴンのメンバー・たいがの、“大好きなポムポムプリンくんと一緒にサンリオピューロランドでイベントをしたい”という夢が、ついに叶った。
足を踏み入れた瞬間、不思議の森に迷い込んでしまったのでは、と錯覚してしまうフェアリーランドシアター。緑に囲まれたバルコニーにこの日の主役・たいがが姿を現し、会場全体を見渡して“KAWAII”を探していると、ステージにあづ、なぎ、なるき、ぱっち、ようたが登場。6人がまとっているのはサンリオピューロランドのスタッフが着用しているコスチュームではないか。
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
5人にたいがが合流して、「サファリズム DE ね~しょん!!」と「トップランナー」とたたみかければ、楽しさが急加速。立体的なステージを活かしたパフォーマンスは、この日ならではのものだ。
あづ→館のレストラン、ぱっち→サンリオキャラクターボートライド、なるき→エントランスショップ、たいが→サンリオタウン、なぎ→パークコンシェルジュ、ようた→フェアリーランドシアターというそれぞれのコスチュームを選んだのは、たいがであることが明かされたのは最初のMC。「サンリオピューロランドに来るたびに、いつかサンリオタウンのコスチュームを着たいと思っていたから嬉しい!」と破顔のたいがをはじめ、見れば見るほどそれぞればっちり似合いすぎている。
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
高揚感たっぷりな「NEO TRAVELER」。末っ子・なぎの愛されキャラが弾ける「愛されキャラでごめんなさい」。片想いしている相手への“ダイスキ”が止まらない「Ring!Ding!Dong!」。ポップでカラフルなナンバー、かわいい振り付け、そして笑みを絶やさず歌って踊る6人は、メルヘンチックでドリーミーなステージにとてもよく映える。
フェアリーランドシアターのステージに立った興奮を言葉にしつつ、6人が呼び込んだのはお待ちかねのポムポムプリン。5人のはからいで、ポムポムプリンと2人きりにしてもらったたいがが、「愛が重いかもしれないけど……」と前置きして読み上げたのは、心を込めてしたためたお手紙だ。
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
「365日、毎日(ポムポムプリンのトレードマークである)ベレー帽をかぶっていたくらい、僕にとってプリンくんは、大大大好きな存在であり、憧れです。お部屋の中、カバンの中、僕の身の回りにはプリンくんがあふれていて、ポム充な日々は本当に幸せです」
「丸くてコロンとしたフォルム。キュートなお尻。つぶらな瞳。かわいいお口。お手々を広げて元気に踊っているときに揺れる、大きなお耳。ピューロランドで会って、お話しているときのひとつひとつの仕草。すべてが本当に愛おしいです。前向きで、明るくて、優しくて、時にやんちゃで、わんぱくで、ツイッターで見せてくれるオトナな一面もとっても素敵。プリンくんには、これまでたくさんの癒しをもらって、支えてもらいました」
「僕には今、2つ夢があります。ひとつめは、個人としてもグループとしても、プリンくんのようにたくさんの人に愛されるアイドルになること。ふたつめは、来年のサンリオキャラクター大賞こそ、プリンくんを1位にすること。絶対に1位をとろうね! これからも、“ベストオブサンリオ男子”として、プリンくんの魅力やポム活の様子をSNSで積極的に発信するいち“ポムパサダー”として、プリンくんをたくさん愛していくことを、ここに誓います」
たいがの愛と誓いの言葉に、悶絶するほど“KAWAII”リアクションを見せるポムポムプリン。これはもう、プリンしか勝たん!
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
そこに、2ndアルバム『MARCH』のベスト衣装に着替えてやってきた5人。リハーサルの時点でポムポムプリンのかわいさににメロメロになっていたという彼らの頭には、ポムポムプリンのカチューシャが! さらに、たいがは「サンリオ愛してる男子オーディション」最終審査で着用した、プリン愛あふれる衣装にチェンジ。ここからは、パンダドラゴンとポムポムプリンのミラクルなコラボレーションパートだ。
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
「ピューロランドといったらこの曲しかなくない!?」と言ってタイトルコールしたのは、ピューロランドの賑やかなパレード曲「Kawaii Festival」。メンバーもポムポムプリンもミラクル♡ライトを手に持って躍動すれば、“KAWAII”があふれ出して止まらない。
「いつもパレードを観ている側で、いつか僕も一緒に踊りたい!と思っていたから、本当に嬉しいです!」と、感慨深げなたいが。この日のセットリストを決めた彼が選んだ、ポムポムプリンとコラボするパンダドラゴンのオリジナルナンバーは、かわいいが詰まった「ダイスキ☆シンドローム」と、自らのセンター楽曲「VIVA! チャイナ」だ。ポムポムプリンの手を引き、隣で歌って踊るたいがの表情には“幸せ”が溢れていた。ゆるふわっとしたイメージに反してキレッキレなダンス、ターンも華麗にきめたポムポムプリン、その完璧な仕上がり具合にはかわいいだけじゃないエンターテイナーぶりもにじんで驚かされたりもした。
パンダドラゴン『KAWAII探検隊~!~おやつはプリン DE ねーしょん!!~』  (c) 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.P1312022
「プリンくん、完璧だったね!」「すごい!」「ありがとう!」と、ポムポムプリンへの惜しみない賛辞を送り、感極まって泣きそうなたいがを、温かく見守るメンバー。見つめ合う、たいがとポムポムプリン。なんて愛にあふれた世界なのか。
「アイドルになる前からサンリオやプリンくんが大好きで、アイドルになってからずっと、このステージでイベントをすることが夢でした。たくさんの方に応援していただいたおかげで、その夢を叶えることができました。みなさま、本当にありがとうございます! プリンくんのように大きくなって、またこのステージに帰ってきたいと思います。そのときは、また一緒にステージに立ってね」
たいがの呼びかけに、大きくうなずいポムポムプリン。“KAWAII”は、やっぱり正義だ。眼福すぎるコラボレーション、再びの開催を期待している。

文=杉江優花

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着