「Nicori Light Tours LIVE TOUR 20
21 Trigger」ファイナル開催

Janne Da Arcのyou(Gt)・kiyo(Key)の2人が中心となり、全く異なるキャラクターを持つ男性2人のボーカルをむかえたロックバンド Nicori Light Toursの初のライブツアー「Nicori Light Tours LIVE TOUR 2021 Trigger」がファイナルを迎えた。

Nicori Light Toursは、ヴィジュアル系ロックバンドJanne Da Arcの元メンバーであるyou(Gt)・kiyo(Key)の2人が中心となり結成。ハイトーンボイスで歌い上げる歌唱力に定評のあるボーカリストɑyumu(Vo)、甘いマスクに艶のある歌声で見る者全てを魅了するボーカリストko-hei(Vo)の2名の全く異なるキャラクターを持つ男性ボーカリストがフロントに立ち、新たなロックバンドのスタイルを確立している。

10月にリリースした1st EP『Trigger』を引っ提げてのライブツアーは、サポートに北村望(Dr)と高井淳(Ba)を迎え、千葉・柏PALOOZAを皮切りに全国9都市18公演を完走。ファイナルの2部公演は、デビュー・シングル曲の「コマンド疑似恋愛」、「砂漠の果実」、「蜃気楼Girl」と一気にたたみかけ、序盤から満員の会場を熱く盛り上げた。

ko-heiとɑyumuのツインボーカルでパワフルに聴かせるEP未収録の新曲「Re Do」、「パラサイター」を披露後、「来年あたりに音源にできるよう頑張っていきます」とko-heiが伝えると、声を出せないオーディエンスは大きな拍手で応えた。往年のファンの心をつかむファストテンポな楽曲が次々と披露される中、MCではyouとkiyoが普段見せないゆるいトークでなごませる場も。インストゥルメンタル楽曲では二人のソロパートを存分に響かせ、迫力あるステージでオーディエンスを魅了した。さらに、新曲「Candy Crime」を初披露。ko-heiが地元姫路から上京して、なかなか思うようにいかなかった日々を歌詞に込めた

「東京」、ɑyumuが夢と恋の狭間で揺れ動く気持ちを女性目線の歌詞に込めた「薄明(ヨミ:はくめい)」と、メンバーの個性が融合した、Nicori Light Toursならではのギター・ロックが楽しめた一夜となった。

ko-heiが、ツアーを開催できたこと、来場いただいたファンへの感謝の気持ちを伝え、「大阪城ホールでワンマンライブをしたいという目標に向かって精進していきます。これからもよろしくお願いします」と宣言。アンコールでは3度目の「蜃気楼Girl」で、ステージ、会場中で思い切りヘッドバンキング決め、締めくくった。

you コメント

このツアーは本当に、やる前は不安要素がいっぱいで、いろんな意味で不安だらけで大丈夫かなと思うことが多かったんですけど、公演回数を重ねるごとにバンドの結束力が高まり、来てくださるお客さんの表情もすごく良くなっているなと。やっているうちにどんどん不安感が消えていったツアーでした。こういう感覚って久々だなと思って。ツアーをすることができて本当に良かったなと思って、本当に皆さんに感謝したいなと思っています。Nicori Light Toursとして、このツアーは確実に次へのステップになったので、今後もよろしくお願いいたします!

kiyo コメント

ツアーが始まる前から、他の音楽フェスティバルなどが開催できなかったりなどいろんな問題があった中でも、なんとか今回のツアーを行い、無事に終えることができたらいいなと思いながら、毎回毎回乗り越えてきました。
ファンの方も理解してくれて、ライブハウスの方も完全に対策をしてくれて、これが今の時代のライブなんだなと認識しました。
来年は、今回のツアーで行けなかった県も回れるように頑張っていきたいです。作品もたくさん作って、皆さんにお届けできればいいなと思っています。大阪城ホールへ行くステップとして、来年もしっかりと活動していきたいと思います。

概要・セットリスト

★Nicori Light Tours LIVE TOUR 2021 Trigger
 2021年12月3日(金)【東京】 会場:WWW X (1部14:45/15:30),(2部17:45/18:30)
[ Set List ] (※2部のものになります)
SE
M1. コマンド疑似恋愛
M2. 砂漠の果実
M3. 蜃気楼Girl
M4. Re Do
M5. パラサイター
M6. ごじゅうおんの終着。
M7. Space Coaster(instrumental)
M8. J child vision(instrumental)
M9. Candy Crime(新曲)
M10. 東京
M11. 薄明
M12. white margaret
M13. サイハテ
M14. The Brand New World Distiny
M15. 蜃気楼Girl
EN1. 砂漠の果実
EN2. 蜃気楼Girl
©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

©2021 Zest, Inc.

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』