和楽器×オーケストラ×舞踊×歌唱に
よる、新たな和洋コラボの出発点 和
×洋コラボレーション・コンサート『
ワブヨウネ』公演レポート

コンサート開催前に作曲家であり、編曲、音楽監督も担うプロデューサーのKOHKI、尺八とオークラウロ奏者の大河内淳矢、指揮者の辻博之に『ワブヨウネ』についてインタビューした。音楽の和と洋、そこに舞踊が加わり、和には平安時代から続く雅楽も含められるということに心ワクワクしながら、そのコラボレーションを思い浮かべていた。でも、プロデューサーは、音楽の境界線をなくし、心地好い戸惑いを作りたいと言っていたけれど、その構想をどう具現化するのか。新しい試みに対してまだ見えていないものがいっぱいある状態で当日を迎えた。
会場は、昭和のたたずまいを残すニッショーホールで、ステージ中央から客席に張り出すランウェイがある。他ではあまり見ない構造だが、ここが舞踊のいい舞台となった。
さて、和を奏でるのは尺八とオークラウロの大河内淳矢、洋はストリングスと管楽器、パーカッション、そしてKOHKIのギター。コンサートは、この編成による『和舞洋音プレリュード』から始まった。和と洋の融合なのに“秋の調べ”という言葉が自然に浮かんでくる。
『和舞洋音プレリュード』
ここから1曲ごとに指揮者・辻博之によるトークを挟みながら、10曲が演奏されていくわけだが、そのトークが楽しくて、しかも学びになる。
指揮者・辻博之(左から4人目)と音楽監督・KOHKI(右後方から3人目)によるトーク

辻博之とコンサートマスター・佐藤恵梨奈(左手前)によるピッチカートについての紹介

たとえば、大河内淳矢が作曲した『悠久の天地』の後は、尺八の歴史を簡潔に紹介しつつ、さらに伝統的な竹製の尺八とメタル製の尺八の音比べするのだが、その違いが意外にもよくわからない。また、尺八とフルートの聴き比べもしたが、同じではないことはわかる。尺八は、首を振る横ユリによって独特のビブラートを奏でるので、そこに大きな違いはあるけれど、音色は似ている。これが心地好い戸惑いなのか。でも、似ているからこそ思うのは国や文化は違っても求めた音色は、そう違わなかったということ。そんな勝手な想像にうれしくなってくる。
メタル尺八:大河内淳矢(右手後方)

大河内淳矢による尺八についての紹介

その一方で、雅楽『平調調子(ひょうぢょうのちょうし)』で笙と篳篥が登場すると、楽器の存在、それぞれ奏でる音色の意味などは知っていても、平安時代の楽器は、全く異次元の世界にあるものとの認識を新たにする。と同時にあらためて私達は、もっと知るべき音世界なのだと思う。雅楽は、男性ばかりで組織された宮内庁式部職楽部のイメージがあるので、今回演奏するのが笙は東田はる奈、篳篥は國本淑恵と、女性2人であることも新鮮に感じられる。
篳篥:國本淑恵(左)/笙:東田はる奈(右)
そして、『竜宮Jam』という曲でその雅楽とストリングス、パーカッションなどの洋楽器が競演する不思議さ。本来は出会うはずもなかった楽器が“神々がジャムっている”というテーマで、KOHKIが作曲した楽曲で音を共有しあっている。また、『涙雨』ではKOHKIがギターから三味線に持ち替えて、ストリングス、尺八、篳篥などと演奏するが、とてもナチュラルな融合に『竜宮Jam』とは違う不思議な感覚を覚える。境界線のなくし方にもいろいろな方法があるのだ。
『竜宮Jam』
『涙雨』
この他にオペラで活躍するメゾソプラノの鳥木弥生が3曲で歌い、日本舞踊の花柳幸舞音も2曲で舞う。
舞踊:花柳幸舞音
きっと狙ったことではないと思うが、彼女達のドレスと着物の色彩が視覚的にもうひとつのストーリーをもたらす。最後は全員が参加した『∞Dance』という曲でクライマックスを迎える。
歌唱:鳥木弥生
舞踊:花柳幸舞音
音楽プロデューサーのKOHKIは、インタビューで「和と洋の間で絶賛もがいている最中」と語ったが、この舞台は彼のもがきがカタチになった第一歩だ。だから、未完ではあるけれど、そこから見えたのはどんな方向にも探求の旅を進められるという可能性だ。アグレッシヴにもエキセントリックにもエレガントにだって出来る。その貴重な出発点がこの「ワブヨウネ」のコンサートである。

『Rhapsody in Innovation』

その模様が配信されると聞いた。配信の映像の良さは、演奏の手元や口元がはっきり見えること。それによりトークの内容がより深く理解できるはずだ。それを私も楽しみにしている。

文=服部のり子   撮影=SHINGO Yoshizawa

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着