原田悠里が故郷熊本でオーケストラと
初共演、ヒット曲など全曲オーケスト
ラアレンジで熱唱

2021年で歌手生活40周年を迎え、55枚目の最新シングル『港町シネマ』が好調の原田悠里が12月4日、熊本県立劇場演劇ホールでオーケストラ総勢60名をバックに<ロイヤルチェンバーオーケストラwith原田悠里>と銘打ったコンサートを開いた。

熊本・天草出身で演歌からオペラまで歌える幅の広さが魅力の原田悠里が、故郷でフルオーケストラ60名と初共演。「木曽路の女」「津軽の花」などの数々のヒット曲とともに、オペラ「蝶々夫人」をモチーフにした「歌語(うたかた)の浪朗唱〜明治幻燈・お蝶夫人〜」や、世界各国で歌われているコロナに負けるなソング「今この時に」など全13曲を、全て指揮の御法川雄矢が手がけたオーケストラアレンジで披露。ゲストにはNHK朝ドラ「おちょやん」音楽担当で、のこぎり奏者のサキタハヂメや新進三味線奏者・岩田桃楠(いわたももくす)が世界初演「三味線協奏曲」で演奏参加するなど見所満載でソーシャルディスタンスを保って約1,200席の客席を約7割の800席に減らして開催。
熱烈なファンが詰めかける中、「この状況下にようこそお越しくださいました。今回は、この故郷熊本でロイヤルチェンバーオーケストラの皆様と共演するという夢のようなお話をいただき、それからたくさんの方々の大変なご尽力をいただき『今この時に』夢が現実になりました。歌手生活40周年を迎えさせていただく中で特別で贅沢なコンサート…この感謝の心を表す言葉すら見つける事ができませんが誠心誠意、心を込めて歌わせていただきます」とあいさつ。
数々のヒット曲と新曲「港町シネマ」、そして「タイム・トュ・セイ・グッバイ」など全13曲、アンコールでは師匠北島三郎の「まつり」を熱唱した。コンサート終演後「すばらしい経験をさせていただきました。今後も全国で総勢60名のこのロイヤルチェンバーオーケストラの皆様とコンサートできる事を励みに頑張りたいと思います」と笑顔を見せた。

<ロイヤルチェンバーオーケストラwit
h原田悠里>

2021年12月4日 @熊本県立劇場演劇ホール
[ セットリスト]
1. 売られた花嫁
2. 木曽路の女
3. 砂の道
4. 天草の女
5. 三味線協奏曲
6. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
7. 港町シネマ
8. 今この時に
9. 歌語の浪朗唄~明治幻燈お蝶夫人~
10. 歌劇「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ
11. NHK連続テレビ小説「おちょやん」メドレー
12. 津軽の花
~アンコール~
13. まつり

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着