『Tim In Listening Party Land』

『Tim In Listening Party Land』

taffy、
The Charlatansのフロントマンである
ティム・バージェスのゲームに参加

12月5日にApp Store、Google Playで発売したオンラインアルバム鑑賞会『Tim’s Listening Party』発のゲーム『Tim In Listening Party Land』内で、The Charlatansらイギリスの人気バンドたちと並んで日本のバンド・taffyもキャラクターとして登場していることがわかった。

『Tim In Listening Party Land』は、The Charlatansのフロントマン、ティム・バージェスをイメージした主人公を操作して、悪い鳥に奪われたアルバムを取り返す旅に出るレトロイメージのゲームで、リスニングパーティに参加したことのあるバンドのキャラが各ステージで登場する。5つあるステージはラスボスステージ以外に、The Charlatans、Blossoms、Badly Drawn Boy、そして日本からはtaffy、の4ステージで構成されている。ゲームの始めではロンドンの由緒あるレコード店、Rough Tradeをイメージした店舗にて音楽雑誌『NME』を入手し、それをキーに各ステージに挑んでいく。

ゲームの中ではリスニングパーティにゆかりのあるアーティストと思えるキャラクターも多数出てくるので、通常のゲームだけでなくそれらの発見やゲーム内のBGM、背景の世界観なども楽しめる、音楽好きにはたまらないゲームと言えるだろう。尚ここからあげられる収益はティムを経由してMusic Venue Trustに寄付される予定となっている。

また、オンラインアルバム鑑賞会『Tim’s Listening Party』は、The Charlatansのフロントマンのティム・バージェスが主催している、各家庭で皆が同時に特定のアルバムを再生して聴きながら、アーティストやプロデューサーなどそのアルバムの関係者やティム自身がTwitter上で再生されている曲についてコメントするというもの。そこではファンとの直接のやりとりが展開されたり、再生に併せて各曲の裏話が聞けたりなど、ライブさながらの盛り上がりが毎回展開されている。オアシスのリアム・ギャラガーやポール・マッカートニーも参加するなど、イギリスでは新たな音楽を楽しむ場として定着している。

『Tim In Listening Party Land』

対象: iPhone, iPad, Android, Windows(Steam予定)
価格:860円
リリース日:2021年12月5日
ゲームシステム:横スクロールアクションゲーム
『Tim In Listening Party Land』
『Tim In Listening Party Land』
『Tim In Listening Party Land』
『Tim In Listening Party Land』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着