TRI4TH、客演にKan SanoとASOBOiSMを
招いたワンマン完遂 年明けには全国
ツアーを開催

2006年にバンド活動をスタートさせ、今年活動15周年という節目を迎えるTRI4THの『15th Anniversary“GIFT” Release LIVE』が12月5日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて行われた。
9月にリリースした4TH アルバム『GIFT』リリースパーティーとなったこの日、会場は東京での半年ぶりのワンマンライブを待ちわびたファンが集まり満員御礼となった。
ライブは「Guns Of Saxophone」、「Freeway」とTRI4THを代表する楽曲からスタートし場内は一気にヒートアップする展開に。感染症対策上、歓声はあげられない代わりに来場者は高く拳を掲げバンドのパフォーマンスに呼応していた。
ウェルカムMCを挟み、ニューアルバムよりスカのリズムが心地よい楽曲「Trace」、グルービーなダンスチューン「Goodtime」、儚いピアノの旋律とタイトなビートの独特な世界観創り出す「君想ふ故に、僕在り」を披露した。
ライブ中盤、ゲストボーカリストとしてASOBOiSMとKan Sanoを呼び込み「SENRITSU feat. Kan Sano」、「 New days feat. ASOBOiSM」を披露。Kan Sanoは過去にTRI4THのサポートメンバーだったこともあり、約10年振りに同じステージでパフォーマンスをすることとなった。
TRI4TH『15th Anniversary“GIFT” Release LIVE』
TRI4TH『15th Anniversary“GIFT” Release LIVE』
後半戦、ライブ初披露となる「Echoes」や定番曲「Sand Castle」で再びアップビートな曲で会場は盛り上がりをみせた。さらに、アルバムではチバユウスケをfeatボーカルに迎えた「LET JERRY ROLL feat. チバユウスケ」を、ライブではドラムス伊藤がエッジィな声で歌い上げ、この日のハイライトを迎えた。
ドラムス伊藤はMCで、「コロナ渦での2年間、いい思いをした人の方が少なかったと思います。街から灯が消え、友人と集まることもできず、久々の再開でも乾杯もできず。でも、ようやく今日のようにライブができて、好きな音楽ができることが幸せなことだと改めて感じました。そして、今日足を運んでくれている皆さん、配信でみてくれてる皆さん、また来年のツアーで健康で集まって笑って、踊りましょう!」と、心境とともに、2022年の全国ツアー『TRI4TH 15th Anniversary "Beyond" Tour』の開催を発表した。
TRI4TH『15th Anniversary“GIFT” Release LIVE』
会場が大きな拍手で歓喜に沸く中、アンコールに「DIRTY BULLET」を披露し。約100分間の公演の中に、アップビートやミドルテンポ、ボーカル楽曲やコラボ楽曲など、15年のキャリアによって培われたTRI4THの全てが凝縮されたライブとなった。
なお、このライブの模様は、Streaming+にてアーカイブ配信中。本日・12月6日(月)21:00までチケットの購入が可能となっている。

Photo by Victor Nomoto - Metacraft

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着