『日本最大級のアナログゲームの祭典
! ゲームマーケットがアツい!』〜
Hikaru//の自由綴文 9頁目〜

こんにちは、Hikaru//です。今回は、日本最大級の “電源を使用しない” アナログゲームの祭典『Game Market(ゲームマーケット)2021 秋』に行ってまいりました!
様々なジャンルのボードゲーム、カードゲーム、テーブルトークRPG、シミュレーションゲームなどの販売や、ゲームに関わる解説書、コマ、サイコロといったグッズも豊富に扱われているイベントです。
アウトドアよりインドア派で、個人的にアナログゲームも大好きなので……とてもワクワクしながら東京ビッグサイト西展示棟へ。
11時オープンに向けての待機列からは、期待に胸を膨らませたお客様の姿がありました。そんな姿を見ていると、自分の心も自然と踊るというものです……!
いざ入場!
マスク着用必須、アルコール消毒、検温、入場規制などの対策をされておりました!
入場してすぐの場所には、無料で配布されているエコバックと会場マップが置かれているので、まずはこちらをゲット。
ここに購入したものを入れて帰ります!
初めに向かったのは、主催者であるアークライトゲームズの出展ブース。
正面に展示されていたのは「テインテッド・グレイル」で、その後ろには「グルームヘイヴン」
じっくり見てしまう……。
そして、今回一番注目していたと言っても過言ではない……「タイガー&ドラゴン」
アークライトゲームズとオインクゲームズのコラボ作品で、石川県能登発祥の人気伝統ゲーム「ごいた」の流れを汲んだ牌ゲームです。
こちら体験卓で試遊できるということだったので……
人見知りだけれど初めましての方とその場でプレイ……! ですが、ゲームをしていると緊張も少しずつ解れていきます。これがアナログゲームのチカラ……!
とても面白いゲームだったので、購入しようと思いましたが既に完売しておりました……残念。
お隣のオインクゲームズの出展ブースにてこんなものも発見! 「人に優しくなるゲーム」です。
クラシエが『漢方セラピー』15周年を記念してオインクゲームズと共同開発したカードゲームです。
引いたカードに書かれた体調不良のプレイヤーへ、その他のプレイヤーが優しい言葉 “セラピーワード” をかけて、その人にどんな症状なのか教えてあげてください。より優しい言葉で伝えてあげることが大切なので、思いやりを育むゲームだと思います。
JELLY JELLY CAFEの出展ブースにもたくさんのゲームや体験卓がありました。
新作の「セカンドベスト」や「トゥールームス」は2人プレイの作品なので、気軽に遊べます。
どんなゲームなのか、丁寧に説明してくださいました!
自分が気になったのは
「クリプティット」。推理系✕論理パズルのゲームというところに惹かれました……!
次に目に入ったのはジーピー出展ブースの「ウボンゴ ハローキティ」
パズルゲームの「ウボンゴ」がハローキティとコラボレーションしておりました!
ちなみに、パズル好きなら「ウボンゴ」はとても面白いゲームだと思います!
ここ数年でとても増えたマーダーミステリーが集められたブースもありました。マーダーミステリーとは何か、ざっくり説明すると、プレーヤー全員が物語の登場人物になって、議論しながら犯人を推理していくゲームです。
マーダーミステリーは特に目を引くようなパッケージが多い気がしました。
新作2作を並べると1枚の絵になるパッケージの作品もありました。
マーダーミステリーといえば、今回「集英社」の出展ブースで面白いものを発見!
マーダーミステリーは本来、ゲームマスターというシナリオを進行する役割の人が1人必要なものが多いのですが、集英社の作品はゲームマスターが不要。
え、そうするとシナリオ進行はどうするの? ってなりますよね。そこで集英社ならではの強みが! ストーリーパートは漫画を読むスタイルになっています。分かりやすく、一気に世界観に入り込める……!
新しいマーダーミステリーの形ですね!
サンセットゲームズの出展ブースでは様々なサイコロが!
たくさんあって、選ぶの大変!
可愛いものより綺麗なものに惹かれました。
Engames✕コロコロ堂の出展ブースも賑わっていて、名作の新版を日本語訳した「プエルトリコ20」は開始30分ほどで完売だったとか……!
こちらも開催中に売り切れとなった「イッツ ア ワンダフル ワールド」です。
ちなみに……Engamesは我が故郷、富山のボードゲームカフェです! 皆様よろしくお願いいたします。
ご縁を感じるといえば……タクティカルゲームズの出展ブースに劇団イヌカレーさんがアートワークを描き下ろした「ウィキッド・シリーズ」が販売されていました!
ゲームの説明をしていただいて、劇団イヌカレーさんのアートワークとのマッチングをさらに感じました!
自身のソロプロジェクトH-el-ical//のグッズ「狩歌(Story ver.)」でコラボレーションしていただいた、サグイネルさんの出展ブースにもお邪魔してきました!
「狩歌」は初心者の方にもプレイしやすいゲームなので、コラボさせていただいたものも早々に完売となりました! とご報告させていただきました。
もちろん一般ブースも回らせていただきました!
行列や売り切れしているものも見かけました。
こんなに様々なゲームがあって、たくさんの方々に愛されているんだなと体感できるイベントでした。
個人的な買い物もバッチリさせていただきました(笑)。
来年2月6日(日)にはインテックス大阪で、4月にはまた東京ビッグサイトで開催予定ということなので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
今回の自由写真は、
撮影=Hikaru//
本日購入した戦利品!
では、また次回まで。

文=Hikaru// 撮影=大橋祐希、Hikaru//(一部)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着