YOASOBI “今年海外で最も再生された日本のアーティスト”ランキング1位獲得!

YOASOBI “今年海外で最も再生された日本のアーティスト”ランキング1位獲得!

YOASOBI “今年海外で最も再生された
日本のアーティスト”ランキング1位
獲得!

“海外で最も再生された日本のアーティスト”ランキング1位獲得!

“小説を音楽にするユニット”YOASOBI
「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る
https://utaten.com/specialArticle/index/4991
2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、国内の各種配信チャートでも1位を席巻、複数カ国のバイラルチャートにもランクインし、2020年の年間Billboard JAPAN総合ソング・チャートとストリーミング・ソング・チャートでは1位を獲得、第71回NHK紅白歌合戦にも出場した。
今年の1月6日に満を持してリリースした1stEP『THE BOOK』は、”小説を音楽にする”というコンセプトを表現したまさに”読むCD”ともいうべき豪華な仕様が大いに注目を浴びているうえ、オリコンデジタルアルバムランキングでは5週連続1位を獲得、収録されている7曲もApple MusicチャートTOP15以内にランクイン。
立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得した。
2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催。6月に発表されたBillboard Japanの2021年上半期チャートでは、アーティスト・ランキング“Billboard JAPAN TOP Artists”で首位を獲得し、その勢いのまま楽曲「三原色」をリリース。
7月ユニクロ「UT」とのコラボで、ユニクロ有明本部内のUNIQLO CITY TOKYOにて開催した無料配信ライブ『SING YOUR WORLD』では同時接続者数28万人を記録。
12月1日に発売した2nd EP『THE BOOK 2』の売れ行きも好調な中、2022年には島本理生・辻村深月・宮部みゆき・森絵都という4名の直木賞作家とのコラボプロジェクトを始動することを発表。
12月4,5日に開催した初の有観客ライブ『NICE TO MEET YOU』では、2日間で1.4万人を動員し、関連ハッシュタグが連日トレンド入りするなど盛り上がりを見せた。
Spotifyランキングで1位獲得!楽曲総再生回数が10億回突破!
そんなYOASOBIが、2021年12月6日(月)にSpotifyより発表された、“2021年海外で最も再生された日本のアーティスト”ランキングにて1位を獲得!
“2021年海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲”ランキングでは、3位「夜に駆ける」、10位「怪物」にてランクインとなった。
さらに、SpotifyでのYOASOBIの配信楽曲の総再生回数が10億回を突破!過去最速での突破となっており、国内アーティスト3組目の快挙となった。
また、米国のニュース情報誌「TIME」に掲載された“The 10 Best Songs of 2021”のランキングでは、今年1月にリリースした「怪物」が5位にランクインをしている。
▶The 10 Best Songs of 2021
そして、海外のチャートでも話題となっているYOASOBIの人気曲の英語版も収録した、YOASOBI初の英語版第一弾EP『E-SIDE』も好評配信中!
英語版ならではの、仕掛けとこだわりが詰まった作品となっているので、こちらも是非チェックして欲しい。
リリース情報
2021年11月12日(金)配信リリース
英語版第一弾EP
『E-SIDE』
▶配信URL
▲YOASOBI 英語版第一弾EP『E-SIDE』クロスフェード
《収録曲》
1. 「Into The Night」 (「夜に駆ける」英語Ver.)
2. 「Haven’t」 (「たぶん」英語Ver.)
3. 「Monster」 (「怪物」英語Ver.)
4. 「Comet」 (「優しい彗星」英語Ver.)
5. 「RGB」 (「三原色」英語Ver.)
6. 「Encore」 (「アンコール」英語Ver.)
7. 「Blue」 (「群青」英語Ver.)
8. 「Tracing A Dream」 (「あの夢をなぞって」英語Ver.)

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着