sumika「Babel」の歌詞の意味は?新たな一面を見せる楽曲を考察!

sumika「Babel」の歌詞の意味は?新たな一面を見せる楽曲を考察!

sumika「Babel」の歌詞の意味は?新
たな一面を見せる楽曲を考察!

sumikaの新境地を感じられる楽曲

4人組ロックバンド『sumika』が2021年12月1日にニューシングル『SOUND VILLAGE』をリリース。
収録曲の『Babel』は、11月3日に開催されたツアーファイナル・さいたまスーパーアリーナ公演でサプライズ披露されました。
▲sumika-Babel【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
プロデューサー に『TeddyLoid』を迎え、楽曲は全編打ち込みで、他の音はボーカルのみという構成。
メンバーが奏でる楽器の音は一切入っていないという、sumikaの新しい試みが感じられます。
そんなsumikaの衝撃作『Babel』の歌詞の意味を考察していきましょう。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
「誰そ彼(たそかれ)」は「誰だ、あれは」の意味で、暗くなって顔の判別がつきにくくなる夕方の時間帯を「黄昏時(たそかれどき)」とも言います。
続く「名前なんてもう呼ばない」の歌詞には怒りを感じられることから、主人公が相手を忘れようとしていると解釈できそうです。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
カインダライクロンギヌス」は、おそらく「kind of like longinus」。
longinus(ロンギヌス)は聖書において、十字架にかけられたイエス・キリストが死亡したかを確かめた人物とされています。
ロンギヌスが槍を用いて生死を確かめたように、主人公は相手に真実を問いかけたのではないでしょうか。
「別惑星に誤射ってた」は、相手に主人公以外の恋人がいたことを表しているのかもしれません。
まさに、主人公の絶望を表していると解釈できそうですね。
歌詞から主人公の心情を考察!
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
2人で過ごした日々を思い出す主人公。
「恋をしていた」と過去形で綴られている点からも、2人の関係が終わりを迎えたことが想像できます。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
『Babel』の歌詞は、何度も繰り返される「さようなら」が印象的です。
パソコンのデリートキーを押して文字を消し去るように、相手の顔、声、やり取りも一瞬にして忘れようとしているのかもしれません。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
相手が自分をずっと好きでいてくれるよう、主人公は精一杯努力してきたのでしょう。
相手が好きな服を着たり、何度も考えてメールやLINEの文章を送ったりと、主人公は相手のために無理をしていたのかもしれません。
そこまで相手に尽くしていたにもかかわらず、裏切られたような現実に主人公はやりきれないのではないでしょうか。
「街を出る」は相手と離れることを意味しているのに加え、「もう相手に気に入られるために無理はしない」「自分らしく生きていく」と決めた主人公の想いを表しているのかもしれません。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
「サイコ記念死す」は、超能力を意味する「サイコキネシス」とかけているのではないかと考えられます。
気づかないようにしていても、相手が好きでたまらないからこそ相手の秘密に気づいてしまった主人公。
「サイコ」には「気の狂った」の意味があり、この歌詞は自分を裏切った相手を責めるようにも、こんな人を好きだった自分に呆れているようにも捉えられそうです。
ボーカル・片岡健太の言葉遊びが光っていますね。
楽曲タイトル「Babel」の解釈
タイトルの『Babel』は、聖書に登場する「バベルの塔」を意味していると考えられます。
人類が天高くまで届かせようと作り始めたバベルの塔。
しかし、その傲慢さは神の怒りに触れてしまいます。
神によって言葉をバラバラにされてしまった人類は、意思疎通がとれなくなりバベルの塔を建築できなくなってしまいました。
この物語から、「バベルの塔」には「人間の思い上がり」や「実現不可能な計画」といった意味があります。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
物語を踏まえて歌詞を見ると、主人公が相手の傲慢さに強く怒っているように感じられるのではないでしょうか。
「せからしか」は「うるさい」「わずらわしい」などを意味する方言。
「あなた」から「貴様」に呼び方が変化している点も、主人公の怒りをより強く表しているように感じられます。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
一方で、主人公は相手だけでなく自分にも怒りをぶつけているように解釈できるかもしれません。
「一生涯一緒などと思い上がっていたから、神の怒りに触れて自分たちは別れる運命になってしまった。」
そう主人公が考えているとも想像できるのではないでしょうか。
Babel 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/qa11105044
繰り返される「さようなら」は、もしかしたら相手への想いを断ち切るために主人公が自分に言い聞かせているのかもしれません。
ラストの「消えるね」からは、相手を忘れきれない主人公の切なさも感じられるように思います。
さまざまな顔を見せるsumikaに注目!
sumika『Babel』の歌詞の意味を考察しました。
ポップなイメージが強いであろうsumikaですが、『Babel』はダークな一面を感じられる楽曲なのではないでしょうか。
なお、バベルの塔には「混乱」の意味もあり、聞いた人を意外に思わせる意味でも最適なタイトルかもしれませんね。
作品ごとに新たな表情を見せるsumikaが、今後もどんな新しいことを仕掛けてくるのか要注目です。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着