高宮進役の眞島秀和(ヘアメイク:佐伯憂香/スタイリスト:増井芳江)

高宮進役の眞島秀和(ヘアメイク:佐伯憂香/スタイリスト:増井芳江)

【インタビュー】ドラマイズム「#居
酒屋新幹線」眞島秀和 新幹線の中で
ご当地グルメを味わい尽くす「『いつ
か食べてみたいな』と思っていただけ
たらうれしい」

 眞島秀和が主演する、ドラマイズム「#居酒屋新幹線」が、12月14日から放送される。本作は、サラリーマンの高宮進が、新幹線を居酒屋に見立て、出張先で見付けたご当地グルメや酒を一人で楽しむテークアウトグルメドラマ。主人公の高宮を演じる眞島に、撮影の裏話やお薦めのご当地グルメや酒について語ってもらった。
-本作の企画を聞いて、どんなところに魅力を感じて出演したいと思ったのですか。
 このドラマは、東北新幹線に乗って訪れた出張先でおいしいお酒やグルメと出会うというストーリーです。僕は山形出身なので、東北新幹線や東北の街にはすごく思い入れがあるので、思い入れのある街の食べ物やお酒に興味を持っていただくきっかけになればいいなという思いがありました。
-進を演じるに当たっては、どんなことを意識しましたか。
 「おいしいものを発見するきっかけになってほしい」という思いが込められたドラマだと思うので、僕自身もロケに行った先々で出会ったものに素直に感動して、それをそのまま表現するということは意識していました。それから、コメディーにし過ぎる必要もないと思ったので、過剰なリアクションをしないということも考えていました。
-眞島さんがおいしそうに食べて飲む姿が印象的でしたが、おいしそうに見えるためにしていたことはありますか。
 そう言っていただけるとすごくうれしいですが、特に何かをしていたわけではありません(笑)。僕も、撮影前にはどうしたらいいのかなと思っていましたが、実際に出てくるご当地グルメが全部おいしかったので、これは素直に表現すればいいんだと切り替えました。
-本作では、ロケであちこちに行ったと思いますが、印象に残っているロケ地を教えてください。
 東北出身とはいえ、初めて行く場所も多かったので、知らないこともたくさんあり、どの場所も新鮮でした。例えば、郡山は実はコイが名物だったというのも知りませんでした。今回、ロケではその土地を象徴するような場所に行くこともあれば、ものすごくマニアックな、地元の人も「こんなところがあるんだ」と思うようなところにも行ったので、グルメだけでなく、街の景色も楽しめました。
-本作に出演したことで気付いた「新しい発見」はありましたか。
 青森編の撮影の帰り道に、実際にドラマで進が仕入れていたのと同じ地酒のカップ酒を買って飲んでみたら、ものすごくおいしかったんです。今後も、気になるものがあれば買って飲んでみようと思っています。
-酒を飲むのはお好きなんですか。
 そうですね、飲みます。あまりお酒のジャンルにはこだわりがなくて、食べ物に合わせて選ぶことが多いです。
-最近のお気に入りのつまみは?
 今作の仙台編にも登場する「肉の伊勢谷」の「和牛コンビーフ」がお薦めです。これがめちゃくちゃおいしいんですよ。パンに乗せて焼いてもおいしいですし、そのままでもいい。撮影を終えてから気に入ってしまって、通販で何度か買っています(笑)。これはぜひ試してもらいたいです。コンビーフの概念がガラッと変わると思います。
-本作に登場する酒やご当地グルメで、気に入ったものは、撮影が終わってからも購入しているんですね。
 しています(笑)。宇都宮編では、お酒を洞窟で貯蔵しているという酒蔵が登場するのですが、そのお店では、希望した年にお酒を届けてくれるというサービスがあったので、僕も注文してきました。ちょうど15年たったら還暦を迎えているはずなので、自分へのお祝いに15年後に届くことになっています。
-ほかの仕事で各地に行くときも、その土地のおいしいものを調べたり、その土地の名産を味わったりするのですか。
 それはもちろん! かなり調べてから行きます(笑)。いわゆる名店と言われるようなお店ももちろんチェックしたいのですが、僕はそれぞれの土地のB級グルメと呼ばれるものが好きでなんです。意外な組み合わせがあったり、町おこしのためだったりという背景が垣間見えたりして楽しいんです。それに、撮影終わりにフラッと寄って気軽に食べられるので、そういう意味でもB級グルメが好きであちこちで食べています。
-ところで、劇中で進は「居酒屋新幹線」を楽しむために「マイカトラリー」を持ち歩いていますが、あれはどんなものが入っているんですか。
 お箸もスプーンもフォークもあるし、ワインオープナーも栓抜きもあります。それから、ちょっとした調味料も入っているんですよ。ぱっと思い浮かぶものは全部入っているはずです。
-眞島さんご自身は、何か持ち歩いていますか。
 僕は、このドラマに参加した影響で、一味唐辛子とお箸と栓抜きを持ち歩くようになりました。最近、クラフトビールを扱うお店が増えてきたのですが、栓抜きがないとそれを買っても飲めないので持ち歩いていると便利なんですよ。僕は進ほど完璧に揃えているわけではないですが、このドラマを見た方がご自身が必要なものだけでも、まねして持ち歩いてくれたらいいなと思います。僕もこれまで新幹線の中では缶ビールを飲む程度でしたが、今はそれだともったいないと気付いて、おいしいお酒やつまみを探そうと思うようになりました。新幹線の中でも豊かな時間を過ごせたらすてきですよね。
-改めて本作の見どころを教えてください。
 毎回あちこちの街で仕入れた食べ物と地酒がメインとなるドラマです。ぜひ「おいしそうだな」「いつか食べてみたいな、飲んでみたいな」と思っていただけたらうれしいです。構えずに気楽に見てもらえると思うので、このドラマが日々のちょっとした楽しみになったらいいなと思っています。
(取材・文・写真/嶋田真己)
 ドラマイズム「#居酒屋新幹線」は、12月14日(火)から毎週火曜深夜0時59分にMBS、0時58分にTBSで放送。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着