数え歌のようなリズムにのせた、狂気に満ちた特別予告映像

数え歌のようなリズムにのせた、狂気に満ちた特別予告映像

「だ・れ・が・“ノイズ”・か・な?
」 沢城みゆきの不気味なナレーショ
ンが響く、藤原竜也×松山ケンイチ「
ノイズ」特別予告

数え歌のようなリズムにのせた、狂気に満ちた特別予告映像(c)筒井哲也/集英社 (c)2022映画「ノイズ」製作委員会 藤原竜也と松山ケンイチが主演し、神木隆之介が共演する「ノイズ」の特別予告映像が披露された。「ルパン三世」シリーズの峰不二子役などで知られる声優・沢城みゆきによる、「だ・れ・が・“ノイズ”・か・な? こ・の・島・か・ら・排・除・し・ま・しょ」という、数え歌のようなリズムにのせた不気味なナレーションが響いている。
 本作は、「ここは退屈迎えに来て」「娚(おとこ)の一生」の廣木隆一監督が、「予告犯」「マンホール」「有害都市」などで知られる筒井哲也氏の同名コミック(全3巻)を映画化するもの。過疎化が進む孤島・猪狩島に、元受刑者でサイコキラーの男が現れ、平和な島の生活が崩れていくさまを描く。藤原は“黒イチジク”の生産で、島復興の期待を一身に背負う泉圭太、松山は圭太の幼なじみの猟師・田辺純、神木は新米警察官の守屋真一郎を体現。さらに黒木華が圭太の妻・加奈、渡辺大知が凶悪犯の小御坂睦雄、永瀬正敏が県警の敏腕刑事・畠山努を演じる。
 物語の舞台は、絶海にぽつりと浮かぶ猪狩島。時代に取り残され過疎化に苦しんでいたが、圭太が生産する“黒イチジク”が高く評価され、地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、島民たちには復活という希望の兆しが見えていた。そんな島にある日、サイコキラーの小御坂がやってくる。そうとは知らない圭太、純、真一郎は、小御坂の不審な言動を警戒するが、圭太の娘の失踪を機に誤って小御坂を殺してしまう。やがて島と家族の未来を守るため、3人は殺人を隠すことを決意する。
 特別予告映像では、不気味だが中毒性のあるナレーションにのせ、「島のヒーロー」「寡黙な猟師」「唯一の警官」「嘘をつく島民たち」「狂った町長」「追いつめる刑事」「元受刑者」など印象的なキーワードとともに、キャラクターたちを紹介。死体を隠そうとする3人を邪魔する裏切り者とは、そして本当の“ノイズ”とは――狂気に満ちた、謎が深まる映像となった。なお本映像は、12月10日から、一部の劇場で上映される。
 「ノイズ」は、2022年1月28日に全国で公開される。沢城のコメントは、以下の通り。
【沢城みゆき】
ナレーションを務めた沢城みゆき本当のノイズは誰なのかを探し当てることより、本当のノイズは“何なのか”を見つけることの方がずっと難しい。それは圭太(主人公)達だけじゃないはずだ。どんどん緊迫していく物語に心拍数が上がる一方で、ひどく静かに自身の中もスクリーニングさせられました。そうそう映画鑑賞ってこういう時間だったな。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着