主演・永瀬正敏×原作・小川洋子の映
画『ホテルアイリス』公開日決定、テ
ィザーヴィジュアルが解禁

永瀬正敏が主演を務める日・台合作映画『ホテルアイリス』が、2022年2月18日(金)に公開されることが決定。合わせて、ティザーポスターと場面写真が解禁された。
映画『ホテルアイリス』は、芥川賞作家・小川洋子の同名小説を、全編台湾・金門島で撮影し映画化したもの。寂れた海沿いのリゾート地を舞台に、ミステリアスな中年男と心に闇をかかえた若い娘が、いつしか愛と死の香りに満ちた二人だけの禁断の世界にのめりこんでいく様が描かれる。
『ホテルアイリス』 (c)長谷工作室
永瀬正敏は大人の色気を纏うロシア文学翻訳者を演じ、台湾で注目の若手女優・陸夏(ルシア)がホテル・アイリスを手伝う娘・マリを演じた。陸夏は、映画初出演にして主演という大役にも関わらず、可憐でいて大胆な演技が台北映画祭にて評価され、期待の新人に贈られる「超新人賞」を受賞している。
『ホテルアイリス』 (c)長谷工作室
また本作で異様な存在感を示している売店小屋の男役には、台湾の鬼才ツァイ・ミンリャン監督作品の常連主演俳優で知られるリー・カンション。ホテルを経営しているマリの母親役に『赤い雪』の菜葉菜、翻訳者の甥役に『菊とギロチン』の寛一郎、マリの父親役に永瀬正敏主演の台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』の監督でもあるマー・ジーシャンなど、日台の国際的実力派俳優たちが集結している。
メガホンをとるのは、ロッテルダムや釜山など国際映画祭で数々の賞を獲得している『波』『黒四角』の奥原浩志監督。小川洋子の残酷で甘美な世界感を忠実に再現しながらも、奥原らしい大胆な解釈も加味しながら、愛と死のイメージを圧倒的な美しさで描きあげた。また『ソウルメイト / 七月と弥生』『少年の君』などデレク・ツァン監督作品で脚光を浴びる、ユー・ジン ピンが撮影監督を務めている。
『ホテルアイリス』 (c)長谷工作室
今回解禁されたティザーポスターには、永瀬正敏と陸夏の愛のシーンがフィーチャーされ、 コピーの「かがみのなか・わたしとあなた・あいのはて」が2人の男女のセンシャルな関係を忍ばせている。デザインは『戦場のメリークリスマス4K修復版』『黒衣の刺客』などを手掛けている成田慧が担当している。
映画『ホテルアイリス』は、2022年2月18日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほかにてロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着