「殺し愛」アナザービジュアル

「殺し愛」アナザービジュアル

「殺し愛」追加キャストに村瀬歩、森
田成一、日笠陽子 アナザービジュア
ル&PV第2弾も完成

「殺し愛」アナザービジュアル(c)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員 「月刊コミックジーン」(KADOKAWA刊)で連載中のサスペンス漫画をテレビアニメ化する「殺し愛」が2022年1月12日から放送されることが決まり、アナザービジュアルとPV第2弾が披露された。さらに追加キャストも発表され、村瀬歩、森田成一日笠陽子の出演が明らかになった。
 本作は、賞金稼ぎの女・シャトーと謎多き最強の男・リャンハが出会ったことからはじまる“殺し屋×殺し屋の歪なサスペンス”を描く。クールな新人賞金稼ぎ・シャトー役の大西沙織、所属も正体も不明の殺し屋・リャンハの下野紘をはじめ、堀内賢雄、天崎滉平、前野智昭、大塚芳忠が出演する。
(c)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員(c)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員(c)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員 追加キャストの3人は、「戦争仕掛屋(トリガー)」の異名を持つドニー(CV:大塚)の組織の構成員を担当。ドニーに懐いているジノン役を村瀬、派手な見た目とラフな言葉づかいが特徴の戦闘狂・ニッカ役を森田、子どもらしい無邪気さの裏に暗殺者としての冷酷さを隠しているミファ役を日笠が務め、第2弾PVで3人のキャラクターボイスが初披露されている。第2弾PVはこのほか、小林愛香が歌う本作のエンディングテーマも初披露され、リャンハとシャトーの過去をめぐる戦いも収録。アナザービジュアルは、ドニーを中心に、組織の構成員が配されている。
PV第2弾の先行カット(c)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員 「殺し愛」は、22年1月12日からTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都ほかで放送開始。dアニメストアでの地上波先行・単独最速配信も決定している(その他サイトも順次配信予定)。21年12月26日には、大西、下野、堀内、天崎が出演する生配信特番が実施される。
(c)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員 追加キャストの村瀬、森田、日笠のコメントは以下の通り。
【村瀬歩(ジノン役)】
お声がけいただいた際に、殺し「愛」ってなんだ?!というタイトルにまず衝撃を受けました(笑)
ジノンは実に軽やかに屈託なく迫ってきますので、底の知れない怖さを出せたらいいなあとお芝居させていただきました。
是非楽しみにお待ちいただけると!
【森田成一(ニッカ役)】
ニッカはとても魅力的な役だと感じています。
燻るような狂気の裏に、氷のように冷静な判断力…。ゾッとなる顔を持つ人物です。
与えられている台詞の幅をどこまで広げられるか、想定されるであろうニッカ像をどこまで裏切ることができるかが演じる上での肝だと思っています。
世界の裏に生きる人間たちのドラマをお楽しみ下さい。
【日笠陽子(ミファ役)】
非常に気になっていた作品でしたので出演が決まりとても嬉しいです。
ミファは男の子なのか女の子なのか分からない風貌です。
ぽつりぽつりと喋る中にミファの本心が見え隠れし、幼さ故にコントロール出来ない部分もあるところを丁寧に演じられたらと思っています。
ジノンやニッカ達ファミリーとの会話もお楽しみに!

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着