中島美嘉

中島美嘉

【中島美嘉 インタビュー】
選んだ楽曲を通して、
自分の想いも表現したかった

みなさんが知ってくれているからこそ
「雪の華」は歌うのが一番怖い曲

さらにボーナストラックとして、「雪の華」と「僕が死のうと思ったのは」の『THE FIRST TAKE』バージョンも収録されています。どちらも中島さんの代表曲だと思いますが、改めてこの2曲への想いを聞かせてもらえますか?

「雪の華」はリリース当時、こんなにたくさんの人に愛していただける曲になるなんて想像もしていなかったんです。今は日本以外でもカバーしてくださる方がいてくれるし、今の私にとっては自分の手を離れた子供みたいな存在ですね。みなさんが知ってくれている曲だからこそ、歌うのが一番怖い曲でもあります(笑)。

なるほど。「僕が死のうと思ったのは」に関してはいかがですか?

この曲をいただいた時期、どこかこの歌詞と自分が重なる部分があったんです。だからこそ、“これは私が歌うべき曲だ”と思ったんですよね。当時はタイトルの強さから、なかなか思うようにPRできないという状況もありましたが、ライヴでは必ず歌っていて。歌い続けて10年経った今、みなさんの心に届いてくれていたら嬉しいです。

『THE FIRST TAKE』での反響については、どのように感じていますか?

ビックリマークをいっぱい並べたいくらいびっくりしましたよ(笑)。こんなに反響をいただけることが純粋に嬉しかったです。

そして、2022年2月からは中島さんのライフワークとも言える『Mika Nakashima Premium Live Tour 2022』がスタートします。“Premium Live”に対する想いを改めて聞かせてください。

『Premium Live』は“大人が安心して泣ける場所”という私のライヴに対する理想がより強く出る場所で。アコースティック編成ということもあり、音数が少ない中、自分の声をメインに表現するライヴなんですよ。だからこそ、いつも通りの私で…そして、ひとつひとつの言葉を大切に伝えていきたいと思います。

今回も中島さんの本質が体感できるライヴになりそうですね。では、最後に2022年はどんな展開になりそうですか?

実は今、初めて挑戦していることがあって。それがかたちになることを願っています。詳細はまだ秘密ですけどね(笑)。

取材:森 朋之

アルバム『MESSAGE~Piano&Voice~』2021年12月22日発売 Sony Music Associated Records
    • 【初回盤】(CD+DVD)
    • AICL-4163~4
    • ¥3,300(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • AICL-4165
    • ¥2,310(税込)

ライヴ情報

『Mika Nakashima Premium Live Tour 2022』
2/11(金) 千葉・成田市文化芸術センター スカイタウンホール
2/14(月) 東京・サントリーホール ブルーローズ
2/19(土) 大阪・あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール
2/23(水) 愛知・今池ガスホール
3/05(土) 神奈川・神奈川県民ホール 小ホール
3/26(土) 東京・イイノホール
4/02(土) 大阪・あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

中島美嘉 プロフィール

ナカシマミカ:1983年鹿児島県生まれ。2001年にドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインに抜擢され、シングル「STARS」で歌手デビューを果たす。02年リリースの1stアルバム『TRUE』はミリオンセラーを記録。以降も「雪の華」、「愛してる」、「桜色舞うころ」などヒット曲を生み出し、女優としても活躍する。05年公開の映画『NANA』では主役のナナ役を熱演。10年に両側耳管開放症の悪化により音楽活動を休止するも、11年に活動を再開。その後も精力的に作品リリースを続け、19年1月に「雪の華」リリース15周年を記念したベストアルバム『雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE』を発表。同年2月には「雪の華」をモチーフにした同名の映画が公開された。近年ではアコースティックライヴや海外での単独ライヴを開催するなど精力的な活動を展開。21年10月にシングル「SYMPHONIA / 知りたいこと、知りたくないこと」をリリースし、12月に“Piano & Voice”シリーズであるカバーアルバム3作品目を発表する。22年2月からはライヴツアー『Mika Nakashima Premium Live Tour 2022』も開催。中島美嘉 オフィシャルHP

『MESSAGE ~Piano & Voice~』
アルバムダイジェスト

「雪の華」 / THE FIRST TAKE

「僕が死のうと思ったのは」
/ THE FIRST TAKE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着