雪衣役の岡田結実 (C)エンタメOVO

雪衣役の岡田結実 (C)エンタメOVO

岡田結実「カムカムエヴリバディ」で
雪衣役 「実は私、この作品のヒロイ
ンのオーディションを受けたんです」

 上白石萌音が初代ヒロインの安子を演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。雉真(きじま)家に仕える女中の雪衣(ゆきえ)役を演じる岡田結実からインタビューコメントが届いた。
 雪衣は、良家育ちの上品な女性。雉真家と深い縁を持つことになるが、ある理由から、安子に冷たい態度を取ってしまうという役どころ。
 岡田は「実は私、この作品のヒロインのオーディションを受けさせていただいたんです。“朝ドラ”のオーディションを受けたのは久しぶりで、3度目ぐらいのチャレンジでした」と告白した。
 「大阪で受けた最終審査では、台本がとても難しく感じて、安子という人物を演じ切るのは無理だなあとオーディションを受けながらも感じてしまい、悔しかったです。きっとこの作品に関わることはかなわないだろうなと号泣しながら NHKから帰ったんです」と振り返った。
 その後、雪衣役として声が掛かった。岡田は「温かいスタッフさんたちと恵まれた環境の現場に、ドラマ制作の一員として参加できることが純粋にうれしかったです。このドラマに携わることで、人としても成長できたらと思っています」と思いを語る。
 役柄について聞かれると、「私自身は雪衣と正反対です。雪衣と似ている部分を探してみましたが、あまりなくて。雪衣は抑えて抑えてあふれちゃうっていうタイプで、私は抑えられない人間です。だから、勇(村上虹郎演じる雉真家の次男)に対する気持ちをどこまでこのシーンで出すのか、また抑え込むのか、繊細な部分が難しかったです」と答えた。
 上白石については、「本当にテレビで見るまんまの柔らかい方です。また(安子の娘の)るいの子役さんと接している雰囲気のせいもあって、現場にいるときの萌音さんは、皆のお母さんみたいな存在だと思っています」と語った。

エンタメOVO

新着