トリップできる サイケロック5選 ゆ
らゆら帝国、GLIM SPANKYら|mini p
laylist vol.8

DIGLE MAGAZINEがテーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第8回目は「トリップできる サイケロック」をテーマに、トリップ感を味わえるサイケロックをセレクトしました。聴いていると気持ちよくなれる浮遊感の強いサウンドが魅力です。

トリップできる サイケロック5選

ゆらゆら帝国「空洞です」

国内のサイケバンド代表格であるゆらゆら帝国。印象的なベースラインに誘われるように、静かにトリップできる曲。

GLIM SPANKY「The Trip」

トラディショナルなロックの魂を受け継ぐGLIM SPANKY。タイトル通りのトリップ感でギターソロもかっこいい。

OGRE YOU ASSHOLE 「ピンホール」

心地よいサビのメロディと<光の方へ走れ>という歌詞が沈みそうな気持ちを前向きにさせてくれる曲。

Gateballers「スーフィー」

サウンドも歌詞もサイケなGateballers。この曲名は神秘主義を意味する“スーフィズム”からつけられています。

幾何学模様「Dripping Sun」

世界が注目する東京発のサイケバンド、幾何学模様。7分超えのこの曲は、二面性のあるサウンドが融合した名作。

ミニプレイリストは毎日更新中

DIGLE MAGAZINE 公式SNSでは、早耳の音楽リスナーの間で話題の音楽情報だけでなく、皆さんのオススメ曲も随時募集してシェアしています。気軽に話せるアカウントなので、ぜひフォローして参加してみてください!
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着