島津亜矢×マキタスポーツ、異色のデ
ュエット新曲をコロムビアとテイチク
から同時発売

演歌歌手でありながら、ジャンルを超越したシンガーとしても注目されている島津亜矢と、メディアやジャンルを横断しながら活躍する芸人・俳優・ミュージシャンのマキタスポーツが、デュエット曲「歌うまい歌」、「歌うまい歌 歌怪獣Ver.」をレコーディング。12月15日に、日本コロムビアとテイチクエンタテインメントから同時配信シングルリリースする。

島津亜矢とマキタスポーツの異色の関係は、さかのぼること6年前、2015年末の「NHK紅白歌合戦」での島津の歌唱に衝撃を受けたマキタが「歌怪獣」を命名、SNS等で話題になったことから始まった。島津自身もこのニックネームを多用し、さらに、お互いのライブやイベントに出演を重ねたり、NHK「うたコン」にふたりで出演するなど、関係性を深めてきた。
そんなコロナ前からコラボを繰り返してきた異色と因縁のふたりがついにレコーディング。自身の歌の上手さを執拗に訴える、ただそれだけのメッセージを、”歌が本当にうまい”島津亜矢と、”歌がうまい?”マキタスポーツの、熱いボーカルバトルで高らかに歌い上げる不可思議なデュエット・ソングが完成した。

ふたりは「“♪歌うま〜い!”なんて、私ひとりでは思いつきもせず、恥ずかしくて出来ないことも、マキタさんと一緒なら、面白がって出来ました」(島津)「亜矢さんは、こんなバカバカしい歌を心を込めて歌ってくださった。感服です」(マキタ)とコメントを寄せた。

配信スタートにあわせて、今回のレコーディング風景や、ふたりのレコーディング後の対談を収録したスペシャル映像が、YouTubeで公開されている。
【コメント全文】

“歌怪獣”のニックネームをつけて頂いたご縁から、仲良くして頂いているマキタさんとご一緒出来て、とても楽しかったです。「♪歌うま〜い!」なんて、私ひとりでは思いつきもせず、恥ずかしくて出来ない事も、マキタさんと一緒なら、面白がって出来ました。 島津亜矢

この歌は、ひとつのメッセージをどれだけ、どれだけ心を込めて歌うことが出来るか?という内容の歌です。コミックソングだけど、単なるコミックソングじゃないんです。亜矢さんは、こんなバカバカしい歌を心を込めて歌ってくださった。感服です。皆さんにもぜひTikTokやカラオケなどでチャレンジしてもらいたいですね。 マキタスポーツ

マキタスポーツ×島津亜矢 配信シング
ル『歌うまい歌』

2021年12月15日リリース
発売:日本コロムビア

島津亜矢×マキタスポーツ 配信シング
ル『歌うまい歌 歌怪獣Ver.』

2021年12月15日リリース
発売:テイチクエンタテインメント

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着