松本白鸚(左)と松たか子 (C)エンタメOVO

松本白鸚(左)と松たか子 (C)エンタメOVO

松本白鸚、弟・中村吉右衛門さんを亡
くし「たった一人の弟でしたから」 
「それを乗り越えて、跳ね返して歌い
たい」

 ミュージカル「ラ・マンチャの男」制作発表記念会見が16日、東京都内で行われ、出演者の松本白鸚と松たか子が登壇した。
 本作は、ミゲール・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』を原作にしたミュージカル。作者セルバンテスが、劇中劇として田舎の郷士アロンソ・キハーナと、キハーナが創り出した人物ドン・キホーテを演じるという、三重構造で物語が進行する。
 白鸚は26歳の時の日本初演版から主役を務め、以降、ライフワークとしてセルバンテスとドン・キホーテを演じ続けてきたが、今回の公演が最後の出演となる。
 白鸚は「男は、負けると分かっている戦いでも、時に戦わなければならないというのがこの作品のテーマですが、50年以上演じ続けてきたので、自分の生き方とそのテーマが同じように感じられることがあります。俳優は、お客さまの悲しみや苦しみを、希望や勇気に変えて差し上げるのが務めだと思っています。体は動かなくなりましたが、メッセージだけでも伝えたいと思います」と思いを語った。
 ドン・キホーテが慕うアルドンザ役を演じる松は、久しぶりの親子舞台共演に向けて、「全部を捧げて、自分のベストを尽くしたいと思っております」と意気込みを語った。
 また、白鸚は11月28日に亡くなった歌舞伎俳優で弟の中村吉右衛門さんについて、「別れというものはいつでも悲しいものです。たった一人の弟でしたから」と悲痛な胸の内を明かした。
 その上で、「いつまでも悲しみに浸ってはいけないと思います。それを乗り越えて、跳ね返して、いろいろな思い出はありますが、『見果てぬ夢』を歌いたいと思います」と語った。
 舞台は、2022年2月6日~28日に都内・日生劇場で上演。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着