横浜流星主演の実写映画『嘘喰い』予
告編に浮遊する“白い仮面の男”が登
場 B’zによる書下ろし主題歌やデス
・ゲームの名称も明らかに

2022年2月11日公開の映画『嘘喰い』から、本予告編とポスタービジュアルが解禁された。
『嘘喰い』は2006年から2018年まで『ヤングジャンプ』(集英社)で連載された迫稔雄氏の漫画。「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)を主人公に、日本を裏社会から操る巨大会員制組織・倶楽部賭郎のもとで展開する、生死を賭けたギャンブルバトルを描いている。ギャンブラー同士の心理戦と、賭けを見守る“立会人”と呼ばれる強者たちの格闘戦が特徴の作品だ。49巻まで発売されたコミックスの発行部数は累計880万部を突破している。初の実写化でメガホンをとるのは、ホラー映画『リング』のほか、『インシテミル』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 怖い間取り』などで知られる中田秀夫監督。『きみの瞳が問いかけている』などの横浜流星が班目貘役で主演。また、貘と賭けに魅了される青年・梶隆臣を佐野勇斗が演じる。そのほか、闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子役で白石麻衣、マッドサイエンティスト・佐田国一輝役で三浦翔平、お館様こと切間創一役で櫻井海音、立会人・夜行妃古壱役で村上弘明、立会人・目蒲鬼郎役で本郷奏多が出演。さらに、森崎ウィン、木村了、鶴見辰吾がキャストに名を連ねている。

解禁された本予告では、主人公・貘の「この上空を飛行機が飛ぶか飛ばないか」との台詞から、様々なデス・ゲームが登場。貘たちが繰り広げるゲームが、「DEATHポーカー」「悪魔のルーレット」「航空機制圧バトル」「殺し屋脱出ゲーム」「死のババ抜き」であることも明らかになっている。なお、「死のババ抜き」では原作の首吊り遊戯・ハングマンが描かれるとのこと。そのほか、原作の“暴”パートにあたると思しきアクションも公開。ガンアクションの一部や、白い仮面の男が浮遊する場面も映し出されている。また、予告編ではB’ zが書き下ろした主題歌「リヴ」も解禁されている。
B’ zの松本孝弘稲葉浩志のコメントは以下のとおり。
B’ z 松本孝弘/稲葉浩志
B’z
自分の幸せのためだけでなく、現世の理不尽を暴き出すがごとく、逃げ道のない勝負に挑み、苦境においても決して生きる事を諦めない斑目貘のポジティブな姿勢を表現できればと思い、“リヴ”という楽曲を作りました。嘘喰いの世界に少しでも花を添える要素になれれば光栄です。
『噓喰い』は2022年2月11日全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着