福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラ
ックス」12/24放送でスペシャル・ト
ークの続編とミュージックショー2曲
を放送 コメント到着

WOWOWオリジナルミュージカルコメディ福田雄一✕井上芳雄「グリーン&ブラックス」。
2021年12月24日(金)#57放送は、井上芳雄、岸祐二、木村達成、田代万里生、平原綾香によるスぺシャル・トークの続編が放送。今回は「心に刻んでいる先輩俳優からの言葉とは?」、「今後演じてみたい役」、「私生活で禁じていること」など、ミュージカルファンからの熱い質問に答える「グリブラ」だから聞ける貴重な話が満載だ。
「グリーン&ブラックス」#57より
「グリーン&ブラックス」#57より
「グリーン&ブラックス」#57より
「グリーン&ブラックス」#57より
ミュージックショーでは、井上が主演を務め、先月に大千秋楽を終えたミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』より「悔やむ男」を披露。さらに中川晃教昆夏美が映画『美女と野獣』より「Beauty and the Beast」を英語詞でデュエットする。
「グリーン&ブラックス」#57より
「グリーン&ブラックス」#57より
「グリーン&ブラックス」#57より
▼スペシャル・トーク
井上芳雄からのメッセージ
最近はそれぞれの舞台を観に行っても会うことが難しいので、こうしてミュージカル俳優が集まって話をするのはそれだけで面白いし、意味があるなと感じます。今だからこそ、普通に話していてもつい深く話し込みたくなっちゃう、そんな機会に飢えているんだと思うんですよ。やっぱり皆、話したいんだな〜ってことがわかりましたね。観てくださる方が僕らと一緒にトークに参加しているような感覚で、楽しんでいただけたらいいなと思います。
岸祐二からのメッセージ
グリブラで以前放送した“ひな壇トーク”は見ていただけで、僕は出たことがなかったんです。今回のような形は話しやすくていいなと思いますね。全員が共演しているメンバーだったので、久しぶりに会えて嬉しかったし、楽しかったです。ファンの皆さんにとっても興奮する場面があるのでは(笑)、そうなっていたら嬉しいですね。
木村達成からのメッセージ
僕、結構“緊張しい”なんですけど、伸び伸びとお話し出来たかなと思います。スナックは本当に大好きで、一人でも行きます(笑)。おじいちゃん、おばあちゃんに「なんか若いモンが来たな」って最初は胡散臭く見られるけど、昭和歌謡とか歌うとすぐに「次何飲む?おごってあげるよ」とか仲良くなれるんですよね。グリブラのトークも似た雰囲気で(笑)楽しかったです!
田代万里生からのメッセージ
久しぶりに会うメンバーがいたりして、楽しい回になりました。一人で取材などで質問を受けることはあるけど、こうして仲間で繋がって、何かについてトークする機会はあまりなかったので、すごく新鮮に感じて楽しかったです。
平原綾香からのメッセージ
コメディコーナーを観て、私ここに出たい〜!って思ってたんですよ。そうしたら今回のトークにお声がかかったので、とても嬉しかったです。歌じゃなくトークだけで呼ばれることはなかなかないので、楽な気持ちで出来ました。改めて、毎回いろんな珍獣たちをまとめている芳雄君はすごいなと思いましたね(笑)。
▼「悔やむ男」(ミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』より)
井上芳雄からのメッセージ
いま(収録日は)『ナイツ・テイル』公演中なので、自分でも歌い慣れているなと感じました。この曲は、初演時にあった短いフレーズを、再演でしっかりとした一曲に作り直したもの。作曲家ポール・ゴードンと演出のジョン・ケアードが僕のキーに合わせて書いてくださった曲で、さらにキャラクターの気持ちが伝わりやすくなっています。グリブラで歌うのにも合っているなと思いましたね。堂本光一君と共演したオリジナル・ミュージカル『ナイツ・テイル』、その中で、この曲が長く愛されるナンバーになってくれるといいなと思います。クリスマス・イヴに放送されるので、しんみりと一年を振り返って悔やむなり何なり……いや、悔やまずに(笑)お楽しみいただきたいと思います。
▼「Beauty and the Beast」(映画『美女と野獣』より)
中川晃教からのメッセージ
昆ちゃんと僕のデュエットは、これが初めてと言ってもいいくらい珍しいんじゃないでしょうか。もともとチャーミングな方だけど、ちょっとエッジの効いた役とかも観て来ているので、今回の真っ白なドレス姿に昆ちゃんの新たな美しさ、楽しんでいる姿が見られて、一緒に歌えて良かったなと思います。英語詞でチャレンジしたことで、ディズニーミュージカルの世界観、その原点に帰れたような気がします。日本語バージョンを体現している昆ちゃんだからこそ、その歌の違いが伝わるんじゃないかなと思います。
昆夏美からのメッセージ
アッキーさんとのデュエットは、なかなかないですよね。ずっと客席から観ていた方ですし、歌声が素晴らしいだけじゃなく、本当に楽しそうに歌っていらっしゃるのを肌で感じることが出来て、光栄でした。もう今回は、アッキーさんの自由自在さに圧倒されましたね。歌い慣れている楽曲ではあるけど、すごく新鮮に感じて、改めていい曲だなと思いました。いつも新しい挑戦をさせてくださるグリブラならではの、アッキーさんと昆の『Beauty and the Beast』をお届けできたらと思います。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着