戸塚祥太(左)と市川海老蔵 (C)エンタメOVO

戸塚祥太(左)と市川海老蔵 (C)エンタメOVO

戸塚祥太、初の歌舞伎出演に意気込み
 海老蔵の第一印象は「優しい瞳の奥
にラスボスのオーラ」

 「六本木歌舞伎2022」制作発表会見が23日、東京都内で行われ、出演者の市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が登壇した。
 4回目となる今回の「六本木歌舞伎」は、十三代目市川團十郎白猿襲名を控えている海老蔵、そして、アクロバットを得意とするA.B.C-Zの戸塚らが出演する。
 演目は、石川五右衛門、鼠小僧次郎吉と並んで古くから知られている5人の盗賊の物語「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」。
 これが初の歌舞伎出演となる戸塚は、冒頭で、緊張のあまりマイクのスイッチを入れ忘れ、「何をいうのか忘れてしまいました」と照れ笑い。
 続けて、「自分がまさか市川海老蔵さんのお隣に立てる日がくるとは。すごく気分が高ぶっていて、いろんな感情が入り混じっていますが、これまでにやったことのない歌舞伎への挑戦、しっかりと体にたたき込ませて、自分に与えられた役割を全うしていきたいと思います」と意気込みを語った。
 海老蔵の第一印象を問われると、「やはり目力ですね。先程、楽屋で初めてごあいさつをさせてもらったのですが、優しい瞳の奥にラスボスのオーラというか…。すごい、これ以上は近付けないな、というとてつもないオーラを感じました」と語って笑わせた。
 一方、海老蔵は「5分前ぐらいに会ったばかり」としながらも、「今回歌舞伎というフィールドに足を踏み入れるということで、それなりの覚悟をしていらっしゃるんだろうなと。それがマイクのスイッチがオンになっていなかった緊張につながっているのではないでしょうか。素直な方だなと思っております」とコメント。
 また、「かわいらしいお顔をされているので、優しさであったり、かわいらしさがあるのではないかな」と笑顔で印象を語った。
 「六本木歌舞伎2022」は2月18日~3月6日、都内・EXシアター六本木で上演。その後、福岡、大阪公演を予定。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着