木崎賢治、本間昭光

木崎賢治、本間昭光

『Artists League2021』、
特別賞として音楽プロデューサーの
木崎賢治と本間昭光が
プロデュースする企画が始動

音楽プロデューサーの本間昭光と木崎賢治のタッグによるプロデュース特別賞の企画が、優勝賞金1,000万円の音楽バトル『Artists League2021』で決定した。同バトルはいよいよ決勝の舞台へと進む。

クリエイティブが止まらない音楽事務所、株式会社オフィサーエージェントは、才能あるけど埋もれてるアーティストの起爆剤となるべく、国内最大のライブバトル大会『Artists League』は現在開催中である。

これまでに3,000組の応募があり、予選、グループステージを経て、現在は16組までアーティストが絞られました。 そして、いよいよ12月25日(土)にセミファイナルを行い、ファイナリストが決定。

大会ではオーディエンス参加型プラットフォーム「Mudia」を利用した、オンライン投票によるバト ルになっています。セミファイナル以降は、ファン投票に加え、審査員による投票やグループステージで敗退したアーティストも投票に加わることになっており、誰も予測のつかない展開が待ち受けている。

審査員には日本を代表する音楽プロデューサーである本間昭光やJeff Miyahara、その他著名な作曲家や音楽エージェントが参加。さらには、大会終了後、デビューおよびプロデュースを即座に実行に移せる様、メジャーレーベル5社が加わり新たな才能に目を向けている。

なお、特別賞としてArtists Leagueの全応募者の中から1組を選定し、本間昭光と木崎賢治がタッグを組みアーティストをプロデュースをする企画『世界を狙え!』が決定した。

12月29日(水)にはオンラインライブ配信や収録に特化した新スタジオBLACKBOX³(ブラックボック ス)にてファイナルがあり、生配信ライブを観戦しながら投票を行い、グランプリが決まる。

3,000組のアーティスト、メジャーレーベル各社、有名プロデューサーなどをも巻き込んだ『Artists League2021』の決勝の舞台をぜひともお見逃しなく!

審査員 本間昭光から重大発表

『Artists League2021』

■開催期間
12月25日(土)セミファイナル
12月29日(水)ファイナル
■主催
株式会社オフィサーエージェント
■協力企業
ユニバーサルミュージック合同会社、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、株式会社ポニーキャニオン、株式会社バンダイナムコアーツ、日本コロムビア株式会社、ヒビノエンタテインメント株式会社、株式会社ボーテ、株式会社ソナーユー、株式会社丸井グループ、IBGメディア株式会社、株式会社ベネフィット・ワン、HOVERBOARD,Inc.、CK Creative株式会社、株式会社HANDRED、株式会社ハイキックエンタテインメント、株式会社カイコク、株式会社エッグス、株式会社イベントハーク、株式会社ラッキーコミュニケーションズ、株式会社ジャパンエフエムネットワーク
■公式HP
http://artistleague.fun
■公式Twitter
https://twitter.com/Artists_league
木崎賢治、本間昭光
木崎賢治、本間昭光

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着