玉木宏(ヘアメーク:渡部幸也(riLLa)/スタイリスト:上野健太郎)写真:大槻志穂

玉木宏(ヘアメーク:渡部幸也(riLLa)/スタイリスト:上野健太郎)写真:大槻志穂

【インタビュー】「連続ドラマW だ
から殺せなかった」玉木宏 「記者と
して、現場で動けるようなスタイルを
意識しました」

 2022年1月9日から放送される「連続ドラマW だから殺せなかった」で連続殺人犯と新聞紙上で討論を繰り広げる新聞記者・一本木透を演じる玉木宏。まず共感から始まる役作りや、一本木と重なる部分もあるという自身の素顔について語ってもらった。
-一本木は正体不明の連続殺人犯から指名を受け、言葉で対峙(たいじ)することになりますが、ご自身の考える一本木像とは?
 新聞記者はメモ帳を持って取材をしているイメージだったのですが、監督と相談して、メモを取らずに、聞いた話をインプットするタイプの記者に。シャツの袖をまくっていたり、カバンを肩掛けにしていたりと、現場で動けるようなスタイルを意識しました。特に参考にした人はいませんが、46歳の設定なので、白髪を生かしてくたびれた感じにして。劇中では20年前も描かれるのですが、物語の核となる部分ということもあり、僕が演じました。20年前はなかなかキツイな…と不安でしたが、結果的には演じてよかったと思っています。少しは若返ったかな(笑)。
-役作りをする際に、大切にしていることは?
 僕は、役を演じるときは、気持ちを理解することを一番大切にしていて。役に共感するところを探して、自分が近づいていくような感覚です。だから、過去に新聞記者を辞めてもいいような出来事が起こっていたのに、なぜ辞めなかったのかはしっかり追求しました。悲しみを前面に見せてしまうと、視聴者の方にも一本木に対してブレーキがかかってしまうので、見せない悲しさ、苦しさを交えつつ、逆算しながら演じました。
-俳優としての転機はありましたか。
 20歳、俳優3年目のときに受けた『ウォーターボーイズ』のオーディションです。アルバイトをしながら活動していたのですが、周りは就職して収入も安定した人たちがいっぱいいて。辞めるなら早いうちの方が余力もあるし、最後だと思って全力で臨んだのがこのオーディションでした。結果、それまでで一番大きな役を頂いて、映画もヒットして。でも、23歳のときにまた不安になる時期があって、もう一度立ち止まったとき、今度は朝ドラで大きな役を頂いて。東京にしがみ付いていたかったし、負けず嫌いで、何かしら爪痕を残したいという思いが強かったのがよかったのかもしれないです。
-一本木は“言葉”で連続殺人犯と対峙していきますが、玉木さんが大切にしている言葉は、何かありますか。
 「現状維持は退歩なり」という言葉です。ある企業の社長さんがテレビでおっしゃっていたのを聞いただけですが(笑)。でも、それが頭の中に残っています。現状維持はそのときはいいかもしれないけど、時代が進めば古いものになってしまう。だから、置いていかれないようにちゃんと知識や経験を増やして、常に自分を更新していかなければと、この言葉を心に刻んでいます。そのために、僕は人と話をして刺激を得るようにしています。刺激が得られれば、次はそれで何をしようかという欲も生まれると思うので。
-もしも新聞記者になったら、どんな感じでしょうか。
 スポーツ選手を追い続けられたら、すごく楽しいだろうなと思います。選手としての幕を閉じた後の人生もすてきなものだと思うので。一人の人生を追い続けられるようなスポーツ記者が面白いのではないかな。でも、今からだと怖くて(記者という仕事に)足は踏み入れられないかな…。発言よりも形に残ってしまうものだし、誰でも読める。ただその分、やりがいを感じることもできる職業だと思います。
(取材・文/布澤奈々子)
 「連続ドラマW だから殺せなかった」WOWOWプライム/WOWOW 4K/WOWOWオンデマンド 2022年1月9日スタート毎週日曜午後10時~11時

アーティスト

エンタメOVO

新着