木村達成、小野賢章ら出演のミュージ
カル『ジャック・ザ・リッパー』がW
OWOWにて放送&配信決定

2021年9月~10月にかけて東京・大阪にて上演されたミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』日本版演出・日本人キャスト版が、2022年2月・3月にWOWOWで放送&配信されることが決定した。
世界的に有名な未解決事件の犯人として恐れられた殺人犯、ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)。19世紀末にロンドンで発生したこの猟奇連続殺人事件をもとに創作されたミュージカルを原作に、韓国独自のアレンジを施したのが、このミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』だ。2009年の初演以来、韓国で大ヒットしたミステリーミュージカル。今回放送されるのは、白井晃が演出を務め、2021年9月~10月にかけて東京・大阪で上演された日本版演出・日本人キャストの公演だ。
純真なエリートだが闇に落ちていく外科医のダニエル役は、演習の白井晃が2020年に手掛けたストレートプレーに主演した木村達成と、声優として活躍、舞台俳優としても注目の小野賢章がダブルキャストで扮する。繊細な心を隠し、荒ぶりながらも正義のため孤高に生きる刑事のアンダーソンと、市民を恐怖に陥れる連続殺人鬼で、謎の復活を遂げるジャックを加藤和樹が回替わりで演じる。アンダーソン役のダブルキャストは松下優也、ジャック役のダブルキャストは堂珍嘉邦。ほか、May’ n、エリアンナ、田代万里生らが出演した。
2月は、木村達成・加藤和樹・堂珍嘉邦(ダニエル/アンダーソン/ジャック)チーム、3月は小野賢章・松下優也・加藤和樹(ダニエル/アンダーソン/ジャック)チームの放送・配信が予定されている。
ストーリー
1888年のロンドン。刑事のアンダーソン(加藤和樹・松下優也)は売春婦だけを狙う「ジャック・ザ・リッパー」と呼ばれる殺人鬼(堂珍嘉邦・加藤)を追っていた。残忍な犯行で解決の糸口も見えないため、警察はマスコミを排除し、非公開で捜査を進めようとする。しかし、ロンドンタイムズ紙の記者、モンロー(田代万里生)はスクープ記事のネタを狙ってアンダーソンに近づく。モンローは麻薬依存症で金が必要なアンダーソンの弱みにつけこみ、情報提供の取引に応じさせてしまう。4度目の殺人現場で、アンダーソンの前に犯人を知っているという外科医のダニエル(木村達成・小野賢章)が現われる。7年前、ダニエルと元売春婦のグロリア(May’ n)はジャックと出会っていた。犯行が重ねられ、事件は混迷を極めていく一方、アンダーソンはダニエルの供述に基づき、囮捜査を計画する。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着