モンスター級・韓国ガールズグループ
『ITZY』が遂に日本上陸!

2019年2月にデビューした、5人組グローバルガールズグループ・ITZY(読み:イッチ)。デビュー前から、メンバーは様々なサバイバル番組や他アーティストのMV等に出演し、 優れた歌唱力とパフォーマンスで注目を浴びていた彼女たち。
デビュー後は、超越したカリスマ性とビジュアル、「自己肯定」のメッセージがストレートに伝わるパワフルな楽曲、その才能とクオリティの高さで、世界中からさらに大きな注目を集めている。
そんなITZYが遂に日本上陸! この記事では、日本初配信ライブ「ITZY JAPAN DEBUT SHOWCASE ”IT’z ITZY”」の模様をレポートする。
<左から>CHAERYEONG、YEJI、LIA、RYUJIN、YUNA

1曲目は「DALLA DALLA」からスタートした。セクシーな雰囲気から始まるイントロ。そして、冒頭から、リーダーのイェジを中心に、しゃがんだ姿勢なども織り交ぜ、キレのあるダンスを披露する5人。

リュジンが歌い出すと、次々にシンクロしてゆく歌声。Aメロは軽快でありながら、少しトーンを落とした雰囲気で淡々と攻める。
そして、メジャーキーに切り替わり、明朗に声を大にして楽しそうに歌い上げるサビのパートは、思わず口ずさまずにはいられない。
ここで、その一節をピックアップしてみよう。

かわいいだけ魅⼒ない 私は DALLA DALLA DALLA DDA-DDA-LA-DDA-LA 君の基準押し付けないで ⾃分らしく Grow up, Go up, Higher DDA-DDA-LA-DDA-LA-DDA-LA I love myself! 何か DALLA DALLA YEAH I love myself! 何か DALLA DALLA YEAH 君と DALLA DALLA YEAH

あくまで「自分は自分、人は人」といったスタンス」が感じられるリリック。彼女たちの、グループでありながら個々の集合体であり、各自、孤高の存在感をもたらしていることを、あますことなく表現している。
しかし、ラストフレーズ内に置かれた“君と”に着目したい。
これは、「自分は自分」と言いながらも、その想いを“君”=“ファン”と共有したい表われなのではないだろうか。
そして、無意識のうちに歌詞の意味は和訳を見なければわからなくても、このアップビートなリズムと共に彼女たちの気持ちが溶け込んでくる。そんなリリックである。
サビが二巡した後の間奏部では、リュジンを先頭に一列に並び、両手を交差しながら広げ、孔雀のような舞いを見せつける。その、ふとした美しさには溜息が出るばかりだ。
最後には横一列となり、隣りのメンバーの肩に片肘を順に乗せてゆくというポーズでキメる。単純そうに見えて、高度な技術を要するムーヴィングである。

そして、エンディングは、Aメロパートに戻る曲展開にも着目したい。
最後の一音で、メンバー全員が頭上に手の平を広げて掲げるという王冠ポーズも、とてもキュート。怒涛の勢いでファーストナンバーをやり遂げた。

2曲目の「WANNABE-Japanese ver.-」では、エキゾチックなイントロから、センターに陣取ったリュジンが「⼩⾔ Stop it 放っておいて 私の事 私で決めてくの 」と日本語詩で歌い始める。
そう、このライブにおけるこの曲は、日本のファンたちに向けて歌うことで、自らの想いをストレートに伝えたいという決意表明だと言っても過言ではない。
そして、ユナとチェリョンが歌うBメロに注目。

I’m so bad bad いっそ ⾃己中ね いいコのふりして 傷つくよりはマシよ I’m just on my way ⼲渉 No No way ⾔っちゃうかもね 大きなお世話って

この楽曲の中間部では、自我を貫き通したい女性の少しやんちゃな気持ちが、かわいらしく表現されている。
さらに、激しくも一糸乱れぬダンスを続けるメンバーたち。その歌声と一挙手一投足は、オンラインなので“画面の向こう”だが、イヤフォンの向こうからその振動とヴァイブスが伝わってくる。
マイナー調に転回した半ラップ的なパートでは、リュジン、チェリョンからたたみかけ、メロディーパートへと移行。スリリングなメンバー同士の掛け合いに、思わず息を飲む。
大サビ、アウトロでも有無を言わせぬ歌唱力と、幾何学的かつ柔らかなダンスが次々と繰り出される。その艶姿は、日本のオーディエンスたちに圧倒的な存在感を、たったの2曲で完全に認知させてしまった瞬間であった。

続くMCタイムでは、満面の笑みの女神たちから「せ~の、ALL in us! ITZYで~す!!」との挨拶が。そして、各々、自身の紹介をしてゆく。
「今日は私たちの日本デビューが決まって、こうやってショーケースライブができて、本当に嬉しいです」と、リーダーのイェジ。
そして、口々に他のメンバーもこのショウケースに対する想い、意気込みを語ると、「次の曲は『ICY』です」「一緒に楽しみましょう」とのコールが。
舞台は暗転。後半戦の始まりである。
「ICY(LIVE ver.)」では、スタイリッシュな歌声が続く中、和訳の歌詞を引用し、あるポイントに着目したい。

まず、Bメロの冒頭

Icy but I’m on fire 溢れる My dream 負けないよ

そして、サビの後半部

まるで味は 氷の感じ Bling bling bling 光ってるよ 星明かり Icy

この二つのセンテンスは、同質の感情を違う言葉で表現しているようで、実に興味深い。キーワードはタイトルの「ICY」である。
文字通り、氷のような世界の中でも炎のように熱く、星のように輝く彼女たちのパフォーマンスは続いてゆく。
エンディングではメンバー全員、笑顔を含めながらも少しクールな表情も混在させる。「see that I’m icy 」を語りけるように繰り返し、情熱の中にも冷静さをことかかないその立ち振る舞いは、鳥肌が立つかのような世界観をかもし出していた。

再びMCタイムへ。
「みなさん、楽しんでますか~!」「こうやって私たちのパフォーマンスで、みなさんと楽しめる日が来るなんて、とっても幸せです」など、和気あいあいと日本語で語りかける。

そして、「LOCO言えば、王冠ダンスですよね。みなさん、真似してみてくださいね」と、チェリョン。

「CRAY-CRAY-CRAZY in love」と、王冠ダンスを披露する5人。
「次のLOCOの時に一緒にやってみてくださいね!」「最後までSHOW CASE、楽しんでいってくださいね」「レッツゴー!」とのかけあいと共に、ラストナンバー「LOCO-Japanese ver.-(LIVE ver.)」へ。
妖艶でエキゾチックなイントロから、「おかしくなるのがわかる」という何とも意味深なリリックで幕を開ける『LOCO』は、『WANNABE』に続き、-Japanese ver.-でお披露目。

徐々にアッパーなリズム、語感となってゆく曲調と共に、彼女たちのダンスもヒートアップしていく。
そして、コーラス部では、MCでのレクチャーがあった「CRAY-CRAY-CRAZY in love」というシャウトと振り付けが炸裂!
画面の向こうで一緒に踊る、オーディエンスの姿が目に浮かぶようだった。

まだまだ狂わせてよ You got me like CRAY-CRAY-CRAZY in love ⼀体何様︖ 止まらない気分が up & down You got me like CRAY-CRAY-CRAZY in love 私は outta control I’m gettin’ LOCO LOCO I’m gettin’ LOCO LOCO

ラストソングが終わり、包み込む静寂。こうして、ITZYの日本初・SHOWCASEライブは、嵐のように過ぎ去っていった。
この至福の時間を体感したオーディエンスたちも、きっと心地よくも晴れやかな気分かつ、精魂尽き果てたのではないだろうか。

ITZY JAPAN DEBUT BEST ALBUM『IT’z
ITZY』

2021年12月22日(水)Release!

CD収録曲 (3形態共通) M1. DALLA DALLA -Japanese ver.- M2. ICY -Japanese ver.- M3. WANNABE -Japanese ver.- M4. Not Shy -Japanese ver.- M5. In the morning -Japanese ver.- M6. LOCO -Japanese ver.- M7. DALLA DALLA M8. ICY M9. WANNABE M10. Not Shy M11. In the morning M12. LOCO

●初回限定盤A 【CD+Photo Book 56P】 品番WPCL-13342 ¥4,500+tax (税込4,950円) 
〇Photo Book(56P)
○スライド式BOX仕様
〇初回限定盤Aオリジナルトレーディングカード1セット[2枚]ランダム封入(全5セット)
〇IDカード1枚ランダム封入(全5種)
○応募・登録用シリアルナンバー1枚封入

●初回限定盤B 【CD+DVD】品番WPZL-31918/9 ¥3,800+tax (税込4,180円)

DVD収録内容 ・「WANNABE -Japanese ver.-」Music Video ・「WANNABE -Japanese ver.-」Self-cam ver. ・「LOCO -Japanese ver.-」Music Video ・「DALLA DALLA」Music Video ・「ICY」Music Video ・「WANNABE」Music Video ・「Not Shy」Music Video ・「In the morning」Music Video ・「LOCO」Music Video ・「IT’z ITZY」Jacket Shooting Making Movie ・「WANNABE -Japanese ver.-」Music Video Making Movie ・「LOCO -Japanese ver.-」Music Video Making Movie

○初回限定盤Bオリジナルトレーディングカード1枚ランダム封入(全5種)
○応募・登録用シリアルナンバー1枚封入

●通常盤 【CD】 品番WPCL-13343¥2,500+tax (税込2,750円)

○通常盤オリジナルトレーディングカード1枚ランダム封入(全5種)【初回プレスのみ】
○応募・登録用シリアルナンバー1枚封入【初回プレスのみ】

購入はこちら
https://itzyjapan.lnk.to/ITzITZY

ITZY

公式サイト
https://www.itzyjapan.com/
Twitter
https://twitter.com/JYPEITZY_JP
Instagram
https://www.instagram.com/itzyofficial_jp/
YouTube
https://www.youtube.com/c/itzyjapan_official

モンスター級・韓国ガールズグループ『ITZY』が遂に日本上陸!はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

アーティスト

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着