DISH//、元日に「再青」プロジェクト第一弾を配信リリース!

DISH//、元日に「再青」プロジェクト第一弾を配信リリース!

DISH//、元日に「再青」プロジェクト
第一弾を配信リリース!

「再青」第一弾「猫」&「I Can Hear」リテイクver.配信!

第72回 紅白歌合戦への初出場を果たした4人組バンドDISH//(読み:ディッシュ)。
DISH//「沈丁花」は受験がテーマ?タイトルと歌詞の意味を考察!
https://utaten.com/specialArticle/index/7001
ロングヒット曲「猫」を、ボーカル北村匠海のアカペラから始まるスペシャル・バージョンで圧巻のステージを2021年大晦日の夜に日本中に魅せた。
そして2022年元日1月1日に、バンド結成10周年リテイク・プロジェクト「再青(読み:さいせい)」の第一弾として、「I Can Hear (in 2022)」、「猫 (in 2022)」を配信リリースした。
「再青」プロジェクトとは結成10周年を記念した企画であり、この10年間で生み出してきた楽曲の数々を”現在”の彼らの演奏と声でリテイクする、まさに“過去”と“未来”を繋げるプロジェクトである。
この度、配信スタートとなった同2曲を初回として、毎月1日に2曲ずつリテイク楽曲が配信される。
1曲は事前に発表され、もう1曲は配信日当日までシークレット。今回は、既にリリースが発表されていた彼らのメジャーデビュー曲「I Can Hear (in 2022)」、そして配信当日には「猫 (in 2022)」がサプライズ発表となった。
同プロジェクトの配信ジャケットは毎回話題のクリエイターとコラボすることが決まっており、「青春・青い時代」を意味するプロジェクトのキーカラー“青”と、今のDISH//の手によって再び血が通うという意味の“赤”を統一テーマとし、それぞれ楽曲の世界観に合うビジュアルへ作り込まれていくこととなる。
「I Can Hear (in 2022)」では、アート界に突如として現れた覆面アーティスト COIN PARKING DELIVERY(コイン パーキング デリバリー)とコラボ。
彼らのメジャーデビュー曲で、“10代特有の青さ”を持ったこの楽曲から感じる疾走感を彼ならではのポップアートに昇華している。
「猫 (in 2022)」は、ポートレート撮影やファッション、アーティスト写真、映画スチール、小説への寄稿など、多岐にわたって活動する長田果純(おさだかすみ)がスチールを撮り下ろした。
楽曲からインスピレーションを受けて、誰かに想いを馳せながら窓の外を眺める、そんな瞬間が切り取られている。
勢いの止まらないDISH//の新プロジェクトがとうとう始動。来月の配信楽曲も心待ちにしてほしい。
▶「再青」プロジェクト特設サイト
▲YouTube(DISH//「再青」プロジェクト始動 ティザー映像)
コメント
「I Can Hear (in 2022)」 DISH// Comment
僕らがメジャーとして、歩み出した最初の曲。
あの時の、衝動でしか前に進めない、とにかく走り出すしかない。そんなこと思いながら突き進んできて、今あの頃を振り返ることができている。
こんな幸せな事ない。今にしかない I Can Hear になっています。
―北村匠海(Vo/G)
「I Can Hear (in 2022)」 Creator's Comment
過去に作った曲をもう一度いまのDISH//さんが創るということで、当時の曲調から今回の曲調への変化をより可視化できるように精進しました。
ジャケットの端から4点からのエネルギーが集まりいまのDISH//さんだからできる過去からの進化、再構築性も持たせています。
ジャケットを見ながらイメージを膨らませ音楽を感じてもらえれば嬉しいです。
―COIN PARKING DELIVERY
「猫 (in 2022)」 DISH// Comment
匠海と2人で歌RECした5年前。今でもその時の感動を覚えています。
今回の歌REC、その感動を軽々越えました。そして今回はメンバー全員での楽器RECまで。
この曲はさらに進化します。新しい「猫」をご堪能ください。
ちなみに矢部家の3匹の猫は元気です。
―矢部昌暉(Cho/G)
「猫 (in 2022)」 Creator's Comment
寂しくて虚しい気持ちも、すべてが過ぎ去った時にはそんな感情になれたことすら幸せだったと気づかされます。
この曲を聴いた時は思わず自分の過去と重ねてしまい、心が少しだけ苦しくなりましたが、未来への期待や希望も含まれていて、きっと誰もがこの曲の"猫になった君"であり"僕"なのだと思いました。
ジャケット写真には、特別なものは写っていませんが、誰かに想いを馳せながら窓の外を眺める瞬間がみなさんにもきっとあるのではないでしょうか。
「猫」という曲と聴いた方々を繋ぐひとつの要素になっていれば何よりですが、忘れられない光のように、あの日の空気のように、触れることはできないけど確かに存在していて、消えない思い出とこれから続いていく未来のような、そんな小さな希望を感じていただけたら幸いです。
―長田 果純

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着