「シュタインズ・ゲート ゼロ」キービジュアル

「シュタインズ・ゲート ゼロ」キービジュアル

「シュタインズ・ゲート ゼロ」1月4
日から再放送 秋葉原ゲーマーズでミ
ュージアムも開催

「シュタインズ・ゲート ゼロ」キービジュアル(c)2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners 「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」シリーズのアニメ化10周年を記念し、BS11で第2作「シュタインズ・ゲート ゼロ」全23話の再放送が始まる。1月4日深夜1時に第1話、5日深夜1時に第2話を放送し、以降は毎週火曜日と水曜日に1話ずつオンエアする。
 2018年に放送された「シュタインズ・ゲート ゼロ」は、MAGES.(5pb.)とニトロプラスが展開する人気ゲームのアニメ化。11年に放送された前作「シュタインズ・ゲート」では、偶然タイムマシンを開発してしまった大学生の岡部倫太郎(CV:宮野真守)が、国家間規模の陰謀に巻き込まれ、仲間の死を回避すべく幾度となくタイムリープを繰り返す姿を描いた。続編となる「シュタインズ・ゲート ゼロ」では、前作が15年に再放送された折に結末が改変され、牧瀬紅莉栖(今井麻美)が死亡した第23話βから続く、新たな物語が綴られる。
 1月18日~2月6日には、物語の舞台となる秋葉原のゲーマーズ(AKIHABARA ゲーマーズ本店&ゲーマーズオンラインショップ)で、アニメ化10周年を記念したミュージアムが開催される。テレビアニメ「シュタインズ・ゲート」と「シュタインズ・ゲート ゼロ」を場面写真やアニメ誌版権の展示などで振り返るほか、抽選会や新規グッズの販売などが行われる。
(c)2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners 3月30日には「シュタインズ・ゲート ゼロ」のブルーレイボックスもリリース。映像特典として、未放送エピソード「結晶多形のヴァレンティヌス」に加え、前作「シュタインズ・ゲート」のもうひとつの結末を描く第23話β「境界面上のミッシングリンク」と、本来の結末である第24話「終わりと始まりのプロローグ」が収録される。アウターケースはキャラクター原案を務めるhuke氏による描き下ろし、デジパックはアニメ描き下ろし仕様となる。価格は3万3000円。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着