音楽家・作曲家の福間創が死去。
生前に遺したメッセージを公表

音楽家・作曲家の福間創が、1月1日に亡くなった。52歳だった。

福間は1994年からテクノポップバンド・P-MODELに在籍し、P-MODEL解体後の2000年代には戸川純のバンド・YAPOOSや、ケラ&ザ・シンセサイザーズのメンバーとしても活動。2001年より自身のユニット・soyuz projectを結成し、2014年11月の解散後はソロで活動を続けてきた。

2014年より脳内にできた未破裂血栓化大動脈瘤を患い、根治は難しい状態となったが、病を“自身を形成する一部”として受け入れ共存していくために2021年は音楽活動を休止し、身体のメンテナンス期間としていた。2021年4月に1stアルバムのリマスター盤『Flowers(2021Remasterd)』を発表し、2022年の創作再開を目指して準備をしていたところ、2022年1月1日に未破裂血栓化大動脈瘤を要因に永眠。本人の希望に従い、葬儀は1月6日に家族葬にて執り行われた。

公式サイトでは、福間が“いつか突然訪れるかも知れないお別れの時”に備えて準備していたメッセージを公表。「僕に関わってくれた人々、責任取れてないことばかりで申し訳ない。以降、知り合いや音楽仲間から連絡があるなら、『知り合ってくれてありがとう』とお伝えください。ありがとうございました」とつづられている。

また、福間の訃報を受け、P-MODELとして共に活動してきた平沢進は、「病と共存しながらその境遇を糧とする音楽家の鏡とも言える福間とは、今後連携を深めるシーンを作って行こうと構想を練っていた矢先だった。本来なら『福間は隣接次元に漏れた』と表現するところだが、彼が抱く彼なりの宇宙観と彼なりの生命観による然るべき領域へと移行したのだと信じる。それならばこれを悲劇の文脈で語るべきではない。福間よ、そちらでも良い創作をしてくれ。じゃ」と公式サイトで追悼文を公開している。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着