トリプルファイヤー・吉田靖直、初の
全編書き下ろしエッセイ『今日は寝る
のが一番よかった』発売

トリプルファイヤーのボーカル・吉田靖直の新作にして自身初となる全編書き下ろし日常エッセイ『今日は寝るのが一番よかった』が1月22日(土)に大和書房より発売される。

本書は2018年から2021年にかけ吉田が過ごした主にぐうたらな日々の中で脳裏に浮かんだ物事を書き連ね、一冊にまとめたものだという。タイトルの『今日は寝るのが一番よかった』はトリプルファイヤーの曲名でもあり(3rdアルバム『エピタフ』収録)、バンドの全作詞を手掛ける吉田の一貫した視点や切り口がこの一冊からも存分に窺い知ることができる。
また、出版元の大和書房では『今日は寝るのが一番よかった』発刊を記念し、公式note内にて 「先どり試し読みサイト」(https://note.com/daiwa_note/n/n4f4224699ce1) をオープン。本書収録エピソードの中から毎週1話ずつ先行公開する(全3回予定)。

さらに、 Amazonにて本書を予約・購入の上(http://amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4479393765) 、大和書房特設フォームより応募すると書籍未収録の書き下ろしエッセイがプレゼントされる。応募〆切は2月28日(月)23:59まで。応募方法や注意点など詳しくは こちら(https://www.daiwashobo.co.jp/news/n45217.html) からチェックを。
吉田靖直(トリプルファイヤー)


【リリース情報】

『今日は寝るのが一番よかった』

発売日:2022年1月22日(土)
著者名:吉田靖直
発売元:大和書房
定価:1,600円 + 税
ISBN:978-4-479-39376-4 体裁:四六判 240ページ

■ 大和書房 オフィシャル・サイト(https://www.daiwashobo.co.jp/)

■ トリプルファイヤー オフィシャル・サイト(https://triplefirefirefire.tumblr.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着