加藤梨里香が愛らしく魅力的な王子に
 ミュージカル『リトルプリンス』加
藤梨里香ver.ゲネプロレポート

ミュージカル『リトルプリンス』は、音楽座で1993年に誕生し、文化庁芸術祭賞、読売演劇大賞優秀女優賞、優秀スタッフ賞などを数多く獲得してきた名作。世界中で愛されているサン=テグジュペリの『星の王子さま』を原作に、魅力的な音楽と演出で観客を惑星の旅へと誘ってくれるミュージカルだ。今回は、音楽座の初演で星の王子さま役を演じた土居裕子と、加藤梨里香のWキャスト。さらに、井上芳雄、花總まり、大野幸人という実力派が顔を揃えた。この記事では、加藤梨里香ver.のゲネプロの様子をお伝えする。

<あらすじ>
砂漠に不時着した飛行士(井上芳雄)は、ある小惑星からやってきた王子(加藤梨里香)と出会う。火山3つ、バオバブの木、一輪のバラの花(花總まり)しかない小さな惑星で暮らしていた王子は、薔薇の花と喧嘩して旅に出たという。さまざまな星を巡って地球にたどり着いた王子は、不思議なヘビ(大野幸人)や大切な友達となったキツネ(井上芳雄)と出会ったと語る。
王子の旅の話を聞きながら飛行機の修理を続けていたが、持っていた飲み水がそこを付き、途方に暮れることに。「井戸を探そう」という王子の提案に、見つかるはずもないと思いながら探索を始めた飛行士だったが――。
物語は、井上演じる飛行士が悪天候の中で仲間の静止を振り切って出発するところから始まる。原作をベースにしているが、原作にはない飛行士と恋人とのすれ違いや弟のように可愛がっていた仲間との別れに関しては、サン=テグジュペリ自身の人生も反映されているのではないかと感じた。飛行士の抱える悲しみや苦悩も描かれており、“大人も楽しめる作品”の側面が強くなっているという印象だ。
また、セットは転換なしのシンプルなものながら、白い壁に空いた穴が惑星になったり動物の巣穴になったり、植物が芽吹く地面になったりと次々に表情を変え、想像力を掻き立ててくれる。
加藤が演じる王子は、明るく天真爛漫な少年といった雰囲気。ころころと表情を変え、軽やかに動き回る無邪気な姿がかわいらしい。
明るく抜けるような歌声も魅力的だ。愛嬌たっぷりに羊の絵をねだったり、大切な花の話を中断されたことに怒ったり、花への愛情を切なく語ったり。曲に合わせてあどけない子ども、大人びた少年、毅然とした王子といった様々な表情を見せ、観るものをすっかりとりこにしてしまう。
飛行士役の井上はどこか投げやりで厭世的。原作にたびたび出てくる“おとな”らしい言動を見せるが、王子といるうちに時折少年のような瞳を見せるように。井上のあたたかく柔らかい歌声が、王子との間に友情が芽生えることで見えてくる優しさにマッチしており胸に響いた。彼の人生や人間関係をうかがわせるシーンが多いことで、王子との出会いによってもたらされた変化、王子と別れた後のことまで想像が膨らみ、物語がさらなる広がりが生まれていた。

そして、王子が大切にしている花を演じるのは花總まり。登場した瞬間、舞台上がパッと華やぐ。美しい花びらのドレスと甘く可憐な歌声は、王子が夢中になるのも納得の愛らしさだ。また、高飛車な口調と対照的に陰った表情で複雑な気持ちを見事に見せている。わがままだがいじらしくもある彼女と、献身的に尽くしながらも乙女心を理解し切れていない王子のやりとりは、微笑ましくもやきもきしてしまう。
物語に出てくるバラの花のモデルの一人はサン=テグジュペリの妻だと言われている。王子が花について語るシーンでは飛行士と恋人のやりとりも描かれており、作中と現実の様々な恋人たちがオーバーラップする面白さがあると感じた。一幕の最後では王子と花、飛行士による歌唱があり、それぞれの思いが胸に迫ってくるハーモニーに圧倒される。
王子が旅の途中で出会った王さま、実業家、酒びたり、大物気取り、点灯人、地理学者といった住人たちも見所の一つだ。原作では自らの考えやこだわりに固執する人物として描かれ、王子に「おとなって変わってる」と思わせていた彼ら。キャラクターに合わせた曲調やダンスが次々に繰り広げられる様子はとてもユーモラスで、ミュージカルを楽しく彩ってくれている。王子の旅を手助けする渡り鳥たちや、旅の風景も美しい。童話らしいカラフルな衣装やポップな演出も、観るものを愉快な旅に誘う手助けをしてくれる。
地球に辿り着いた王子と出会う動植物たちも印象深い。ある庭園でたくさんのバラを見たことで、自分が星に残してきた花が世界にたった一本の特別な花ではないことを知って嘆く王子。
そんな彼と出会い、“たくさんのうちの一人”が“特別”になる過程を教えてくれるキツネは、井上が飛行士との二役で務める。飛行士の“おとな”な雰囲気から一変、ふわふわの耳と尻尾が生えた元気いっぱいで少し理屈っぽいキツネは可愛さ満点だ。
二人で舞台上を所狭しと駆け回り、笑顔ではしゃぐ様子は微笑ましく、明るく幸せに満ちた歌声にこちらまで幸せな気分になる。井上は王子の大切な友だちであり、「たいせつなことは、目に見えない」という名言を口にする存在でもある重要な役柄を魅力たっぷりに演じている。
大野はしなやかで妖艶なダンスと甘い歌声で、王子が自分の星に帰るために力を貸してくれるヘビの危険な魅力を表現。登場シーンは決して多くないが、怪しく恐ろしい中にも一人ぼっちで遠い星まで旅してきた王子に対する優しさを感じさせ、確かなインパクトを残している。
王子が「ほんとうに大切なこと」に気付くと同時に、飛行士が大切なものを思い出すストーリーは美しい。それを彩る楽曲と、幻想的な舞台美術や演出も見応え十分だ。誰もが知っている名作をベースに、子どもから大人まで、どんな人にも伝わるメッセージと楽しさを盛り込んだミュージカル『リトルプリンス』は1月8日(土)〜31日(日)までシアタークリエで上演され、2月4日(金)〜6日(日)に愛知公演が行われる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着