“朋子”桜井ユキ(左)と“凌介”西島秀俊 (C)日本テレビ

“朋子”桜井ユキ(左)と“凌介”西島秀俊 (C)日本テレビ

「真犯人フラグ」真相編“林”深水元
基に衝撃の展開 「冷凍遺体の子は日
野とバタコの子ども」説も

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第11話が、9日に放送された。
 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)
 息子の篤斗(小林優仁)が「パパがママを殺した」と証言したことで、凌介は警察に任意同行を求められ、事情聴取を受ける。
 凌介の同僚の瑞穂(芳根京子)は、篤斗の心を癒やすために、篤斗が好きなキャラクターのコスプレをして、篤斗が入院する病院に通っていた。篤斗は少し笑顔を見せるようになるが、凌介を見ると激しくおびえ、凌介は面会を止められる。
 そんな中、凌介が務める亀田運輸のクレーマー・バタコ(香里奈)が、篤斗の病院に忍び込み、火災報知機を鳴らす。
 病院内が騒動になる中、バタコが篤斗の部屋に入ると、凌介の妻・真帆(宮沢りえ)のママ友の朋子(桜井ユキ)が篤斗に包丁を突きつけ、「お口チャックだよ?」と迫っていた。
 その頃、凌介の娘の光莉(原菜乃華)が何者かに動画を撮られていた。光莉は動画内で「誘拐も何もかも、全てお父さんの自作自演です。私のお父さんを殺してください」と訴える。
 一方、週刊誌の編集長・河村(田中哲司)のもとに、真帆の不倫相手の林(深水元基)から「記事にするなら、全てを話す」と書かれたメールが届く。河村と凌介が指定された場所へ向かうとガソリンスタンドがあり、洗車機から赤いスポーツカーがのぞいていた。
 洗車機が動き出し、車が徐々に見えてくると、運転席でメッタ刺しにされた林が血まみれになって死んでいた。
 放送終了後、SNSには、「林が殺されちゃった…」「林、地味に好きだったんだが」「菱田VSバタコの鉢合わせはビビった」「菱田とバタコは、ゴジラ対コングみたいな雰囲気。早く続きが見たい」といった声が寄せられた。
 また、「凌介が双子で、双子の片割れが朋子の夫で犯人なのかな」「冷凍遺体の子の役名が圭樹で、篤斗の服をkeiju1008の名前でバタコがネットで売っていた。日野(迫田孝也)のバーの開店日も10月8日。圭樹が日野とバタコの子どもで、日野が犯人?」「公式HPの相関図から見ても、日野とバタコは関係がある」などの意見も投稿された。

アーティスト

エンタメOVO

新着