明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた
」カバーソング2時間スペシャルに大
川栄策、市川由紀乃ら

1月14日(金) 19時からBSテレビ東京にて放送される「武田鉄矢の昭和は輝いていた」は、“輝きを増したカバーソング2時間スペシャル”で、大川栄策市川由紀乃らが出演する。

昭和歌謡でヒットしたカバーソングの謎に迫る今回。水原弘、佐川ミツオ、フランク永井のあのヒット曲は実はカバーソング。ゲストはデビュー曲がカバーだった大川栄策などが出演する。

過去の名曲が、新たな歌手とアレンジで甦るカバーソング。そんなカバーソングの魅力とヒットした時代背景に迫る。古くは、大正11年頃に様々な歌手によって歌われヒットした「船頭小唄」、昭和32年に森繁久彌によってカバーされヒットした。オリジナルとカバーの違いとは。昭和30年代、日本が高度経済成長期に入ると、幅広い世代に支持されリバイバルブームが起こる。

戦前、戦中の名曲を若手の歌手が新しい解釈でカバーしヒットを量産。佐川ミツオの「無情の夢」、水原弘の他、ゲストの大川栄策など多くの歌手が歌った「裏町人生」の他、フランク永井の「君恋し」など、実はカバーソングとしてヒットした曲の数々をオリジナルの曲と聴き比べる。

また、発表したもののヒットに至らず、その後タイトルや歌詞、アレンジなどを変えて別の歌手がカバーし大ヒットした昭和40年代の意外なカバーソングを紹介。さらに、東海林太郎島倉千代子が「すみだ川」を歌う超貴重映像も。世代を超えてヒットし、今なお歌い継がれるカバーソングの名曲を懐かしの映像とともに振り返る2時間スペシャル。

「激動の時代」と言われた「昭和」は、日本人が振り返りたくなる魅力にあふれています。 この番組では、昭和を象徴する「人」「モノ」「できごと」から、毎回ひとつのテーマをピックアップ。当時の映像・写真を盛り込み、「昭和」の魅力を再発掘していきます!

「武田鉄矢の昭和は輝いていた」

1月14日(金)19時00分〜20時54分
放送:BSテレビ東京
司会:武田鉄矢 / 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
ナレーター:城ヶ崎祐子
ゲスト:大川栄策 / 市川由紀乃 / 合田道人(作家・音楽プロデューサー)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着