「THE仮面ライダー展」初会場は名古
屋 3月開催、本予告映像&見どころ
も発表

 仮面ライダー生誕50年を記念した展覧会「生誕50周年記念 THE仮面ライダー展」(https://www.kamen-rider-official.com/kr50th/exhibition)の初会場が名古屋に決定し、3月11日より、金山南ビル(旧名古屋ボストン美術館)にて開催されることがわかった。あわせて、メインビジュアル、本予告映像も披露された。
 1971年にテレビ放送を開始した「仮面ライダー」。今回の展覧会は、名古屋のほか、福岡、東京ほか全国で開催されることが決まっている。昭和・平成・令和と3つの時代を生きた「仮面ライダー」の魅力をさまざまな角度を紹介しつつ「来場者一人一人の“あの頃”を思い出してほしい!」という思いが込められている。
 名古屋会場の開催期間は、3月11日~4月10日(会期中無休)。開場時間は9時~19時(最終入場は閉場時間の30分前まで)。入場券は「【前売券】大人:1700円、小人:800円」「【当日券】大人:1900円、小人:900円」「【グッズ付き(数量限定)】:詳細は後日発表予定」となっている。
 昨年末に発表されたティザービジュアルは、夕焼けに佇む「仮面ライダー旧1号」の背中をとらえたものだった。今回のメインビジュアルでは、澄み渡る青空の下で勇ましく構える姿をとらえており、「THE仮面ライダー展」を印象づける“顔”と呼ぶにふさわしい仕上がり。また、本予告映像は、全シリーズの仮面ライダーの姿が並ぶ「栄光のライダーロード」を仮面ライダー旧1号がゆっくりと歩く内容。50年間の歴史を振り返る展覧会の壮大さを予感させる。
 イベントのコンセプトは「あなたと共に生きた仮面ライダーは誰ですか?」。見どころは、下記の通り。
【栄光の軌跡―1971~2022―】
 原点である「仮面ライダー」から現在放送中の「仮面ライダーリバイス」までの作品を余すことなく紹介。本イベントのために編集された特別映像、テレビ・映画の撮影で実際に使用された小道具や本展のために「復刻再現」された劇中アイテムなど作品の世界観を体感できる、貴重な品々を展示する。
【仮面ライダーと時代】
 「変身ベルト」のおもちゃが空前の大ヒットを飛ばすなど、「仮面ライダー」はテレビの中だけにとどまらず、様々な形で人々を楽しませた。懐かしの玩具・漫画・レコードなど「時代」を感じる展示品とともに仮面ライダーの魅力を紹介する。
【悪の秘密結社】
 「仮面ライダー」を語る上でも欠かせないのが「悪」の存在。初代「仮面ライダー」で登場した「悪の秘密結社 ショッカー」はそのインパクトも絶大で、いまだに多くの人々の記憶に深く刻まれている。そんな結成50周年を迎えた「ショッカー」を大特集。身の毛もよだつ怪人からちょっとユニークな怪人、歴代の幹部怪人まで立像やパネルを使って紹介する。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着