岩波ホール

岩波ホール

岩波ホール、54年の歴史に幕 7月29
日での閉館が決定

岩波ホール 東京・神保町の老舗ミニシアター「岩波ホール」が、7月29日で閉館することがわかった。公式HP(https://www.iwanami-hall.com/topics/news/5024)では「新型コロナの影響による急激な経営環境の変化を受け、劇場の運営が困難と判断いたしました」と発表されている。
 1968年2月に多目的ホールとして開館し、故・川喜多かしこ氏と同ホール総支配人の故・高野悦子氏が名作映画上映運動「エキプ・ド・シネマ」をスタート。「エキプ・ド・シネマ」は「日本では上映されることの少ない、アジア・アフリカ・中南米など欧米以外の国々の名作の紹介」「欧米の映画であっても、大手興行会社が取り上げない名作の上映」「映画史上の名作であっても、何らかの理由で日本で上映されなかったもの、またはカットされ不完全なかたちで上映されたもの」「日本映画の名作を世に出す手伝い」という4つの目標を掲げていた。
 インド映画「大樹のうた」(サタジット・レイ監督)を上映し、単館映画館の道を進み、これまで65カ国・271作品の名作を上映。数々の秀作を上映し、多くの映画ファンを魅了してきた「岩波ホール」。開館から54年――その歴史に幕を下ろすことになった。
 現在は「ユダヤ人の私」を上映中。今後は本年度上映予定だった「安魂」「ジョージア映画祭 2022」「金の糸」「メイド・イン・バングラデシュ」を順次公開。6月4日から公開される「NOMAD(原題)」が最終上映作品となる。
 なお「エキプ・ド・シネマの会」会員制度も、7月29日をもって終了(新規募集・継続の受付は、本日1月11日で終了となる)。現在入会中の会員は、7月29日まで利用可能。その他エキプ会員制度についての詳細は、決定次第、告知される。今後の上映スケジュールの詳細は、岩波ホールHPにて案内される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」