L→R Fuma-Z(Dr&Cho)、高橋大樹(Vo&Gu)、Yoshi Nakayama(Gu&Cho)

L→R Fuma-Z(Dr&Cho)、高橋大樹(Vo&Gu)、Yoshi Nakayama(Gu&Cho)

【POETASTER インタビュー】
“この3人でやっていくぜ”っていう
表明になる2曲をまず出したかった

原点に返りながら、
今までの感じをぶち壊した2曲

Yoshiさんを正式メンバーに迎え、EPのリリースツアーも終えることができたわけですが、今作は“ここから止まらないぞ”という想いもあるシングルなんですよね?

高橋
そうです。再出発という意味を込めて“この3人でやっていくぜ”という表明になる2曲を出そうってことで、シングルを出させてもらいました。Yoshiさんの色を濃く出したいと思ったんですよ。だから、1曲目の「ムーンライトメロディ」には2ビートを入れてみました。

あっ、それはYoshiさんの色を意識したんですね。

高橋
はい。それもあるし、僕らのライヴはパンクすぎるので、お客さんから“いい意味で裏切られる”って言われるんです。楽曲もライヴに近づけていきたいんですけど、基本的にメロディーと歌詞はやさしいほうがいいと思っているので、そこをうまく組み合わせられたらと思って「ムーンライトメロディ」を作りました。

「Sparkle & You」の2曲はこれまでのPOETASTERから若干の変化を感じたというか。この2曲にあるパンクっぽさや、ライヴハウスに足を運んでいるキッズに近いヤンチャな感覚が、僕にはPOETASTERの新境地に感じたのですが、それはもともと持っていたものだったわけですね。

Yoshi
そうですね。変化というよりは、高橋が持っていたものをしっかりとアウトプットできたんだと思います。2曲目の「BEAT UP」には今サポートしてくれている、ごろう(Ba&Cho)が得意としているスラップ奏法も入っているんですけど、ごろうの持ち味も高橋が引き出せた曲なのかなと。僕は原点に返りながら、今までの感じをぶち壊したととらえているんです。

「ムーンライトメロディ」は明らかにライヴアンセムを作ろうと思って作ったんじゃないかと思ったのですが。

高橋
マジで流行らせたいと思いました。マスタリングまで終わった時に、これよりいい曲は書けないかもしれないと思いましたもん。でも、次の日には“書ける!”と思って書いていましたけど(笑)。

歌詞はPOETASTERが音楽に取り組む姿勢や“お客さんと一緒にいるぞ”という想いを改めて歌っていると思うのですが、どんなところから芽生えた気持ちなのですか?

高橋
みんなに歌ってほしくて作ったんですよ。僕はライヴでお客さんことをめっちゃ見るんですけど、ひとりの心も動かせないならバンドなんてやらないほうがいいと思いながらやっていて、“こんなに支持してくれる人がいるなら、その人たちの人生を豊かにするような曲を作っていかなきゃ”と思ったんです。前作EPで「君に話があるんだ」ができた時からそういう気持ちはあったんですけど、うまく言葉にできたのは「ムーンライトメロディ」が初めてです。

一方の「BEAT UP」は、《くたばってたまるか》《ド派手にかましてやろう》と、もっと個人的な気持ちを歌っていると思うのですが、《どんな時代も一緒にいよう》というところに落とし込んでいるところが「ムーンライトメロディ」につながっていると思いました。

Fuma-Z
高橋がこれまでよりも人間的な部分を書くようになったんだと思います。今までは恋愛ソングが多かったんですけど、それよりも人間の心の中をフックアップするような歌詞になってきたんですよ。

恋愛ソングからの歌詞の変化は何かきっかけがあったのですか?

高橋
いろいろな人から“もっと自分らしさを出せ”と言われていたんです。個人的には恋愛ソングが好きなんですけど、恋愛ソングばかり歌ってる場合じゃないと自分でも思って、さまざまな心の動きに向き合って歌を届けたいなと。
Fuma-Z
その結果、「ムーンライトメロディ」はYoshiさんも言っていたように『声命力』を超える曲になったと思ったんですけど、「BEAT UP」は最初あんまり好きじゃなくて(笑)。時間もないし、仕方ないと思いながらやってたんですけど、今はスゲェいいなと思っています。

さて、いろいろお話を聞かせてもらいましたが、POETASTERはここからまたいろいろな曲を作っていけそうですね。

高橋
“POETASTERと言えばこうだよね”みたいなものが曲にあってほしくないから、楽曲は幅広く、進化し続けたいと思っています。今回の2曲はここから進化していく感じが出て良かったです。日本語のロックだけにこだわらずに活動できるバンドになりたいですね。
Yoshi
僕個人は高橋の人間としての良さを、そのまま楽曲で出せたらいいと思っているんです。僕らとサポートの4人も、メンバー脱退という逆境をコロナ禍とともに乗り越えてきたと思うんですけど、今の高橋はコロナ禍を抜けた先のお客さんのことを考えているんじゃないかな? この2曲ができたことで“あっ、俺たちちゃんと成長できてるんだ”ってことが分かったので、例えばここからアルバムを作ることになった時に自分たちの武器が増えて、高橋が自分の良さをアウトプットしやすい環境になっていると思います。制作にしても、ライヴにしても楽しみですね。

今作のリリースイベントとして東京と大阪で3公演を行なうことが決まっていますが、3月23日の東京公演は恵比寿LIQUIDROOMというPOETASTER史上最大キャパの会場に挑戦します。また、4月23日の八王子RIPSでは初のワンマンライヴに挑むわけですが、最後にリリースイベントの意気込みを聞かせてください。

Fuma-Z
めっちゃ暴れたいと思います。
高橋
暴れちゃう? やっちゃおうよ(笑)。
Yoshi
前回のツアーを回りきって、サポートを含めバンドがしっかり前進できたと思うので、そこで培ったものや今作における自分たちの振り幅の広がりをしっかり結果として出したいです。2022年が終わる頃にはまったく別のバンドになってるくらいの気合いでいます。
高橋
今のPOETASTERは本当にカッコ良いんですよ。ライヴに来てくれたら“私が探していたロックスターがここにいた!”とマジで思わせられるので、ぜひ来てほしいです。

取材:山口智男

シングル「Sparkle&YOU」2022年1月19日発売 Paddy field
    • PADF-025
    • ¥550(税込)
    • ※タワーレコード限定
    • ※初回プレス限定生産盤

ライヴ情報

『POETASTER presents「anthology of...」』
■『POETASTER presents"anthology of LOVE"“Sparkle&YOU” release event』
3/23(水) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
w)Saucy Dog

■『POETASTER presents"anthology of FRIENDS"“Sparkle&YOU” release event』
3/30(水) 大阪・心斎橋JANUS
w)KAKASHI +2BAND

■『POETASTER presents"anthology of POETASTER"“Sparkle&YOU” release event ONE MAN LIVE!!』
4/23(土) 東京・八王子RIPS

POETASTER プロフィール

ポエテイスター:2013年に東京・八王子にて結成。17年に1stミニアルバム『声命力』をリリースし、活動の幅を一気に全国へ広げる。19年には『MURO FESTIVAL2019』へ出演するなど着実に力をつけ、メンバーチェンジを経て20年7月にミニアルバム『Imagination World』をリリースし、全国12カ所を回るツアーを実施。21年7月には初のEPとなる『The Gift of Sound e.p.』を発表。全国14カ所を回るツアーを開催し、ファイナルとなる渋谷CLUB QUATTRO公演は満員・大盛況で幕を閉じた。POETASTER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着