Cikah

Cikah

連続リリースで注目を集める個性派R
&BシンガーソングライターCikah。3月
23日に改名後初となるフルアルバム『
#Popularity』リリース決定!

秋田県出身R&Bシンガーソングライター・Cikah。
誹謗中傷をテーマとした改名後初の配信シングル「GO TO JIGOKU」では、芸人、インフルエンサー、ダンサーなど多くの表現者からの共感を集め、続く第二弾シングル「DROWN」ではiTunes R&B/ソウルチャートで2位を獲得。
第三弾シングル「AM」では台湾最大のストリーミングサービス「MyMusic」にてトップバナーを飾り、2021年8月にリリースしたEPでも各種プレイリストでピックアップされるなど地上波番組でオンエアされるなど2022年期待のアーティストとして国内外から大きな反響を呼んでいる。

今回3月23日リリースする『#Popularity』は旧名ささきちかからCikahへ改名後初となるフルアルバムとなっている。
“個性と大衆性”の在り方がテーマとなっており、アルバム・タイトルでもあるリード楽曲「#Popularity」の他に、フジテレビ系列地上波番組「突然ですが占ってもいいですか?」にてオンエアされた「LYNDA」、「しゃかい(裏)」や、話題のダンサー/振付師yurinasiaがコレオグラフィーで使用し話題を呼んだ「GO TO JIGOKU」なども含んだ全11曲が収録される予定。
収録楽曲及びアートワークは後日解禁予定。

【Release】

Cikah『#Popularity』
2022.03.23 Release
PECF-3266 / ¥3,300

【Cikah Profile】

秋田県出身のR&Bシンガーソングライター。幼少期の頃からR&Bやファンク、アシッドジャズなどの影響を受け、ハスキー&ソウルフルな歌声で確固たる個性を表現している。2015年1月秋田クラブスウィンドルでスガシカオ「HitoriSugarTour」秋田公演に多数の応募の中から選出され、その後自身でもNYツアーを行う。2019年にR&BピアニストShoAsanoをアレンジャーに迎え、自身のルーツであったブラックミュージックを取り入れたテイストを中心に幅広い楽曲を制作。2020年、ワールドワイドな活動を視野に広げアーティスト名をCikahに改名。改名後第一弾配信シングルとしてGOTOJIGOKU」、第二弾として「DROWN」、第三弾として「AM」を連続リリースした。社会問題を題材にした共感性の強い歌詞からダンサーや、お笑いタレントなど他ジャンルの表現者からも強い反響を受け、2022年注目のアーティストとして期待が広がっている。

◆Twitter ⇒ https://twitter.com/cikah_jigoku/
◆Instagram ⇒ https://www.instagram.com/cikah_jigoku/
◆YouTube ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCYlU41dDkAONAh7C67VUe1A/

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着