本予告が完成

本予告が完成

「フルーツバスケット prelude」透の
両親の若かりし頃、透と夾のその後と
は――本予告公開

本予告が完成(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会 テレビアニメ「フルーツバスケット」の総集編に新作映像を加えた「フルーツバスケット prelude」の本予告が公開された。
 1998~2006年に「花とゆめ」(白泉社刊)で連載された原作漫画「フルーツバスケット」は、天涯孤独になった少女・透が、異性に抱きつかれると動物になってしまう“十二支の物の怪憑き”である草摩家に渦巻く因縁と対峙していく物語。2度目のアニメ化となる今シリーズは、19年4~9月に「1st season」、20年4~9月に「2nd season」、21年4~6月に「The Final」が放送された。
本予告カット(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会 「フルーツバスケット prelude」は、透の両親のエピソード「今日子と勝也の物語」が初めて映像化されるほか、原作者・高屋奈月氏が完全新作で描き下ろした「透と夾のその後のストーリー」がつづられる。本予告は、初解禁となる大橋トリオの主題歌「虹とカイト」に乗せて、今日子(CV:沢城みゆき)と勝也(細谷佳正)の若かりし頃が描かれる。さらに、透(石見舞菜香)と夾(内田雄馬)の“その後の物語”の一部を収めている。
(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会 今作を手がけた井端義秀監督は、「テレビシリーズの放送中に、すでに今日子と勝也のストーリーの制作が決定していたので、放送中は言えないもどかしさでいっぱいでした(笑)。実はテレビシリーズでは勝也の顔をわざと出さないようにしていたんです。最終回で、沢山の方から『そういうことか!』と喜びと驚きのコメントをいただき、安堵しました」と心境を明かしている。
 「フルーツバスケット prelude」は2月18日から公開。劇場公開と同時に発売される劇場版限定版ブルーレイ(公開劇場で数量限定販売/9900円)は、ICカードステッカーとブックレットが封入。高屋氏の描き下ろしビジュアルによる特別仕様ジャケットとなっている。
劇場限定版ブルーレイジャケット(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会 井端監督のコメント全文は以下の通り。
【井端義秀監督】
ようやく制作発表できて良かったです。
TVシリーズの放送中に、すでに今日子と勝也のストーリーの制作が決定していたので、放送中は言えないもどかしさでいっぱいでした(笑)。
実はTVシリーズでは勝也の顔をわざと出さないようにしていたんです。
最終回で、沢山の方から「そういうことか!」と喜びと驚きのコメントをいただき、安堵しました。
そしてTVアニメはどうしても尺がきまっていて、縛りがあるのですが、今回は十分に間をとることができ、縛られずつくりあげることができた。
そこが楽しかったです。
本当にやりきった。これでやっと終えられます。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着