Apes、受賞後初の音源「ハイライト」
を主宰レーベルからデジタルリリース

音楽シーンに新たな流れを生むべくソニーミュージック内に発足した「次世代ロック研究開発室」、現:(株)次世代が、昨年、コロナ禍に開催した初のオーディション『Go Toオーディション』にて、1000組を超える応募者のなかでグランプリを獲得した東京発の注目インディーロックバンド、Apes(エイプス)。注目を集める彼らが、受賞後初の音源「ハイライト」を、新しくバンド自身で発足した主宰レーベル「Wakusei disk」より本日1月19日にデジタルリリースした。
イントロの硬質なギターのカッティングに誘われドライブする軽快なバンドの演奏に、《ハイライトの煙が沁みた 目にじゃなくて 胸の奥の方》とシャウトする、切なくもエモーショナルなLeo sakaiの歌が融合したオルタナティブ・ロック・サウンド。現在のApesのライブのセットリストでも大人気を博し、“ハイライト”の煙と、ままならない日常のハイライトが重なる青春劇、青く、疾走感あふれる楽曲が誕生した。
なお、1月23日(日)放映予定のフジテレビ『Love music』にて、番組スタッフがメジャーデビュー前のイチオシしたいアーティストを先取りで紹介するコーナー「Come music」で紹介される。
Apesは、東京発、平均年齢23歳。「I’ m lonely but I’ m not alone.」をスローガンに掲げ、あらゆる方面でDIYなスタンスで活動を行い、楽曲はもちろんMV制作までメンバー自身が手がけ、ライブでは現在も自主企画を継続している。春には『ハイライト』を収録した初のEPも予定しており、詳しい内容、発売日、詳細等は後日発表となる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着