King & Prince永瀬廉が「お互いミス
れない状況」の撮影現場を語る 映画
『真夜中乙女戦争』メイキング&イン
タビュー映像を公開

1月21日(金)に封切られる映画『真夜中乙女戦争』から、メイキング&インタビュー映像が公開された。
『真夜中乙女戦争』は、作家F氏の初の小説。無気力な日々を送る平凡な大学生“私”が謎の男“黒服”と出会ったことで、「真夜中乙女戦争」という名の東京破壊計画に巻き込まれていく姿を描いた作品だ。その映画化で主人公の大学生“私”を演じるのは、『弱虫ペダル』などで知られる永瀬 廉(King & Prince)。また、“私”がひそかに恋心を抱く“先輩”役で池田エライザ、謎の男“黒服”役で柄本 佑が共演。そのほか、篠原悠伸、安藤彰則、山口まゆ、佐野晶哉(Aぇ! group/関西ジャニーズjr)、成河、渡辺真起子らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『チワワちゃん』『とんかつDJアゲ太郎』などの二宮健監督。主題歌は、ビリー・アイリッシュの「Happier Than Ever」に決まっている。

今回解禁されたのは、永瀬演じる“私”の劇中の姿を捉えたメイキング映像。自分の人生に絶望し、生気のない虚無感を抱えた眼差しで、無気力な大学生活を過ごしていた“私”は、凛々しく聡明な“先輩”に惹かれつつも、人の心を一瞬で掌握してしまう危険なカリスマ“黒服”と出会い、彼の計画する【真夜中乙女戦争】という名の“東京破壊計画”へと巻き込まれていく。公開されたメイキングでは、二宮監督とのやり取りや、満身創痍の“私”の姿も公開。永瀬が両目を潤ませ、切ない表情で電話先の相手に何かを伝えようとする様子が収められている。
永瀬はメイキングのシーンについて、インタビュー映像で「ようやく(“私”が)人間っぽくなる」と説明しつつ、「監督の『よーい、スタート』の掛け声も、一番気合いが入ってるな、と」「お互いミスれない状況のプレッシャーもあった」などと、現場を述懐している。
また、劇場用プログラム(作品公式パンフレット)に収録される、イラストレーターWALNUTとのコラボページも公開に。ページには、“私”“先輩”“黒服”それぞれのキャラクターイラストと台詞が散りばめられている。そのほか、音楽・撮影を務めた堤裕介氏による映画『真夜中乙女戦争』オリジナルサウンドトラックが1月21日(金)0時より、各音楽サービスより配信されることも決定している。

『真夜中乙女戦争』2022年1月21日(金)全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着