今井絵理子氏(左)と中山秀征 (C)エンタメOVO

今井絵理子氏(左)と中山秀征 (C)エンタメOVO

今井絵理子、中山秀征と久々の再会で
笑顔 「今日は甘えて『秀ちゃん』で
…」

 一般社団法人障がい者自立推進機構が主催する「パラリンアート世界大会2021」の表彰式が20日、東京都内で行われ、タレントの中山秀征、元SPEEDで参議院議員の今井絵理子氏がゲストで登壇した。
 本大会は、世界各国の障害を持つ人たちからアート作品を募集するコンテスト。
 パラリンアートの理事を務める中山と、スペシャルサポーターの今井氏は、かつて「THE夜もヒッパレ」で共演した仲。今井氏が「25年前で私は中学1年生だった」と振り返ると、中山も「SPEEDの名前も番組内で決めたんだよね」と懐かしそうに振り返った。
 中山は「本当に元気な子たちで、当時は『廊下を走るな!』と怒ったりもしたけど、それが今は『先生』ですから。『絵理子』なんて呼べない」と苦笑。今井氏も「まさか私自身も政治家になるとは。秀さん…、秀ちゃんでいいですか。では、今日は甘えて『秀ちゃん』で」と笑顔を見せた。
 また、中山から「まもなく参院選。いかがですか」と直球質問を受けた今井氏は「しっかり2期目目指して頑張ります」と宣言。「障害政策はまだまだ課題が山ほどある。文化、芸術を障害のある方々ともっと共に楽しめる環境作り、その先にある雇用についても整備していきたい」と意気込みを語った。
 今井氏の長男は、生まれたときから聴覚障害があったが、17歳となった現在、夢だったプロレスラーとして活躍している。
 今井氏は「生後3日目に聞こえないことが分かった。そこで、きっと多くのお母さんは泣いて戸惑ったりする。私も、泣いて泣いてでしたけど、その後、息子の顔を見たときに、この子にとって私は唯一の母親であり味方なんだと。この子には目で見る情報がある。泣いてばかりのお母さんより、笑顔を見せていこうと。そのときから、どんなつらい壁があろうと、一緒に笑顔で乗り越えていこうと誓って子育てをしてきました」と振り返った。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着