Eveの音楽、ライブ映像などが使用さ
れた映画『Adam by Eve: A Live in
Animation』がNetflixで配信

映画『Adam by Eve: A Live in Animation』が公開される。Eveが、このために書き下ろした新作楽曲と新作アニメーション、そしてこれまでのヒット曲で彩られる実写映像と撮り下ろしライブ映像を軸に、作品全体がひとつのストーリーとなっている。
企画には映画『君の名は。』『天気の子』のプロデューサー・川村元気、総監督には『僕らまだアンダーグラウンド』『打ち上げ花火』などのミュージックビデオやの劇場作品の予告編など多数の作品を手がける依田伸隆監督を迎え、STORY inc.のプロデュースにより、2022年3月15日(火)よりNetflixにて世界同時配信、およびTOHOシネマズ池袋ほかにて劇場上映となる。
新曲2曲にあわせ、それぞれ本作のための作り下ろしとなる完全新作アニメーションが登場。新曲「暴徒」は、『エヴァンゲリオン』シリーズが代表作であり、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ完結編 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が興行収入102億円を超えるなど熱狂的なファンが数多くいるスタジオカラーが手掛け、所属する吉崎響が監督を担当。新曲「退屈を再演しないで」は、Eveの初期曲である『お気に召すまま』『トーキョーゲットー』等のミュージックビデオを制作するアニメーション作家Wabokuが手掛ける。
さらに、Eveの大ヒット曲「廻廻奇譚」では、壮大な世界観を表現するためEveが異世界に入り込んだような幻想的な映像を、VFXアーティスト集団kahki✕ディレクター佐伯雄一郎が手がける。そして物語を牽引する実写ドラマには、InstagramやTikTokで圧倒的な透明感が話題を集める新進気鋭の女優・モデル、羽音(はのん)と、歌手やモデル・タレントとして幅広く活躍している「あの」の若手俳優コンビが出演。
今回の情報解禁にて『Adam by Eve: A Live in Animation』の公式サイト、そして本作の新しい映像体験を表現した新ビジュアルおよびティザー映像も解禁となっている。
出演者・クリエイターコメント
Eve
ライブができなくなってしまってから2年、ライブとはまた違った新しい形で何か届けることはできないかというところから始まりました。
アニメーションとライブとCG、そして物語と、非日常的な体験をさせて頂き楽しかったです。
是非新鮮な気持ちで観て頂けたらと思います。そして次はライブでお会いしましょう。
羽音(はのん)
初めての映像作品でこの作品に出演出来た事に喜びと感謝でいっぱいです。全てが初めての経験だったので、作品がどの様に出来ていくのかを間近で学べましたし、スタッフの皆さんの作品に対する熱を普段とは違う視点で感じる事が出来ました。アキとしてEveさんの世界に入れて、幸せでした。そこにアニメ、ライブ映像、3DCGが融合され、今までに観たことのないような映像作品になっていると思います。皆様の元に届く日が待ち遠しくて、本当に本当に楽しみです。
あの
撮影時には想像できなかったような今まで見たことないような全く新しい作品、映像美になっていて驚きました。
アニメーションもとても迫力的で破壊的でそこがまたドラマと合わさっていく感覚が新感覚で是非皆さんに見て頂きたいです。
監督・脚本・編集 依田伸隆
Eveという存在はどのような定義に当てはめられるのか?Eve君本人は勿論アーティスト、音楽家である事は間違いないのですが考えれば考える程Eveというのは「概念」みたいな事なのではないか?と思うようになりました。この作品は俳優によるドラマもありながら実写やアニメーションのMVなどあらゆるものが混在し、分断され、唐突に再出現したりする世界です。Eveという概念を理解するためにあの手この手を使って近づこうとした記録でもあります。是非ご覧ください。
新作アニメーションパート「暴徒」監督 スタジオカラー・吉﨑響
暴れます。
新作アニメーションパート「退屈を再演しないで」監督 Waboku
物語のエンドロールが流れるころ、充足感の一方で惜別と空虚さを感じる事が多々あります。 Adam by Eveでは「終わる間際まで退屈を感じないように」という事を念頭にMV制作を進めました。
実写だけではなく、ライブフィルムやMVが各々役割をもって一つの作品に紡ぎあげられています。 ぜひ楽しみにしていてください。
「廻廻奇譚」監督 佐伯雄一郎
オリジナルMVに続き「廻廻奇譚」パートのディレクションを担当しています。数々の楽曲の言霊によって構築された世界でEveがパフォーマンスを繰り広げるといった内容で、VFXチームkhakiの3DCG、手描きの2Dアニメーション等、MVのテイストをベースした様々な表現を楽しんで頂けたらと思います。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着