幼き日のクリス&クレア・レッドフィ
ールド兄妹が登場 映画『バイオハザ
ード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシ
ティ』本編を一部解禁

1月28日(金)公開の映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』から、本編映像の一部が解禁された。
『バイオハザード』は、アンデッドとの戦いを描いた、カプコンのサバイバル・ホラーゲーム。シリーズ累計売上本数は全世界で1億1,700万本を超える人気タイトルだ。2002年には、ポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で初めて実写映画化され、2016年の『バイオハザード:ザ・ファイナル』までの全6作で世界興収1,200億円を記録している。
そんな『バイオハザード』をもとに“新たなホラー映画”として制作された『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』では、『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』のヨハネス・ロバーツ氏が監督・脚本を担当。主人公のクレア・レッドフィールド役で『メイズ・ランナー』シリーズのカヤ・スコデラリオ、ジル・バレンタイン役で『アントマン&ワスプ』のハナ・ジョン=カーメン、クリス・レッドフィールド役でNetflix『ザ・ベビーシッター』シリーズのロビー・アメル、アルバート・ウェスカー役でNetflix『アンブレラ・アカデミー』のトム・ホッパー、レオン・S・ケネディ役で『ゾンビランド:ダブルタップ』のアヴァン・ジョーギア。ブライアン・アイアンズ役でドナル・ローグ、ウィリアム・バーキン役でニール・マクドノーが出演している。
解禁された映像は、クレアが幼い頃に育った孤児院でリサ・トレヴァーとはじめて出会うシーン。兄のクリスと一緒に寝ていた幼いクレアは、ベッドを抜け出し、見知らぬ部屋で明かりのついた小さなテントを見つける。クレアはおそるおそる近づき「こんばんは」と声をかけると、テントの中から枷を付けられた傷だらけの両手が差し出される。

そこにはリサ・トレヴァーの名前が。「ここの子? 家はどこ?」とクレアが聞くと、リサは画用紙に“下”と書いていなくなってしまう。後を追ってテントの中に入ると、そこには不気味な少女の人形が。手を伸ばすと突然テントの外に引きずり出され、バーキン博士と遭遇するのだった。さらに緊張感漂う中、兄クリスが助け船を出して事なきをえるのだった。
『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は2022年1月28日(金)全国の映画館にて公開。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着