福山雅治、無観客生配信ライブを開催
「“音楽の役目、役割ってどんな時で
もあるんだな”と感じていただけたら

福山雅治が1月28日(金)、国立代々木競技場 第一体育館から無観客オンラインライブ「Another Story of Promise for the Future『裸の音』」を生中継した。福山は2021年11月から3年10か月ぶりとなる全国アリーナツアー『WE'RE BROS. TOUR 2021-2022 “Promise for the Future”』を開催中で、当初は1月27日(木)・28日(金)に同会場で有観客ライブを行う予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染者数が急増している状況を踏まえ、4月29日(金・祝)及び30日(土)に延期することを発表。
来場するファンの安全を第一に考えての決断だったが、福山が着目したのは、既に押さえられている使用可能な会場と、この日のために集まっていたバンドメンバー、そしてスタッフの存在だった。そこで急遽立ち上げたのが、今回の『裸の音』という真新しいコンセプト。ツアーとは全く異なるセットリストを考案し、初の試みとしてそのリハーサルの模様も生中継。開催発表からたった4日間、準備期間は実質2日間で、ライブをつくりあげるプロセスそのものをドキュメントで見せていく、画期的なエンターテインメントを送り届けた。
代々木公演初日となるはずだった27日は、同会場にてリハーサルを実施。アリーナの中央をステージとし、高低の段差なく、それを取り囲む形で機材を配置。設営の既成概念を取り払った自由な発想に基づく、これまでに見たことのない光景が広がっていた。メンバーは、バンドマスターである井上鑑(Key)をはじめ、山木秀夫(Dr)、高水健司(Ba)、今剛(Gt)、小倉博和(Gt)、金原千恵子(Vn)、山本拓夫(Sax)という最強の布陣。セットリストには久しぶりの披露となる曲も含まれており、通常ならばリハーサルスタジオで練り上げる準備期間が必要だ。しかし今回は、おさらいとして一度音源を流して聴いた後、すぐに全員で合わせるという異例の段取り。照明演出、カメラワークも並行してゼロから積み上げていく様はスリリング。チーム福山の全員がプロ中のプロだからこそ成せる業である。
福山が現場で繰り返し口にしていたのは、「演出を積み重ねていって完成形をパフォーマンスするというよりも、まずは自分たちが音楽を楽しむこと。それを切り取ってお届けしたい」という基本理念。ショウではなくドキュメンタリーを届けたい、との意図を明確にアナウンスし続けていた。撮影チームには「クレーンカメラも含め、もっとステージの中に突っ込んできて大丈夫です」などと声掛け。ライブづくりに携わる全員に対し、内なるエモーションの炸裂を求めてやまなかった。リハーサルを終えた後には福山が中心となって各セクションのチーフと打ち合わせ。その後もステージへ戻り様々な確認を夜遅くまで行い、次々とアイディアを出してはプランを更新し続けていった。

本番日の28日。福山はスタッフに対し、「皆さんの映り込みも含めてステージセットであり、今日は一人一人が出演者です。“俺の背中カッコいいでしょ?”“俺の仕事カッコいいでしょ?”という気持ちでお願いします」と言葉を掛けていた。それはリクエストであると同時に、スタッフを信頼し、その素晴らしさを誇りに思っている証。カメラの回っていない時にも、「映しちゃいけないものはここには何もないので」(福山)という言葉を何度も耳にした。14時からのサウンドチェック、続いてリハーサルの模様をそのまま会場から生中継。歌唱と演奏の様子はもちろんのこと、撮影のアングルや照明に対し冷静かつ的確にディレクションしていく福山のレアな姿を、カメラは包み隠さず捉えていく。前日のリハーサル後に急遽差し替え、本番当日に初めて音を合わせる曲もあったが、瞬時に全員が対応していた。
本編の生配信は20時にスタート。スタッフの拍手に出迎えられ、客席に人影のない広大なライブ空間へと楽屋エリアから歩みゆく福山の姿をカメラが追う。「HELLO」「IT’ SONLY LOVE」といった代表曲群をはじめ、ファンから強く支持されているバラード「ながれ星」「Dear」も盛り込んだ豪華かつ希少価値の高いセットリスト。円形のフォーメーションで向かい合うメンバーたちと福山は頻繁にアイコンタクトを交わし、音と音との対話、場の空気感を楽しんでいる様子だった。緩急のメリハリに富んだ照明、立ち込める深い霧のようなスモーク、炸裂する特効、無観客であることをプラスに転じ可動域を広げた大胆なカメラワーク。メンバーの鳴らす音とスタッフの職人技がバトルの末溶け合う、どこかジャズの即興セッションを思わせる真剣勝負のやり取りが繰り広げられていく。ステージ空間全体が巨大な一つの生き物として躍動し、まるで呼吸しているかのように感じられた。

ライブ中には、Twitterで寄せられる感想をリアルタイムで紹介(※急遽実施が決まった開演前の会場リポートを含め、感想の紹介役として、Twitter担当等で福山ファンにはお馴染みのカズシゲが登板)。アメリカや中国など海外在住のファンに加え、今回のツアーは参加を断念したという医療従事者の方々から、配信ライブ開催への感謝の声が数多く届いていた。「いろんなお立場があった上での判断、決断がある」と福山は厳粛にコメント。「何となく“ライブに行ってくる”って言いにくい空気がある」とも率直に述べ、ライブへの風当たりの強い状況に言及した。最大の対策を施しガイドラインを厳守するのは当然と明言した上で、「基本、僕らがやる時は堂々とやるんです」とも。今回は有観客ではなく無観客での配信ライブだが、自分自身やメンバーも含め音楽で生きる人たちの働く場、ライブという表現の場を守り、寄り添う姿勢を示した。デビューから32年の時を重ね、「いろんな大きな自然災害であるとか、大変な事件・事故などがありました。その時々に、まさにこのコロナが始まった時もそうですけども、“ライブは不要不急”という声があったと思います」と振り返った上で、「たしかに時と場合によっては不急であるかもしれませんけれども、不要ではないなと思っていましたし、今もそ
う思っています」と福山は力強くコメント。そんな中、「何かしらの方法で、知恵を絞ってクリエイティヴをお届けできないか」という想いを胸に、今回のツアーにも取り組んでいると改めて述べた。本編ラストで届けたのは、待望の新曲「光」。たとえ今は逢えなくても、いつの日か訪れるはずのファンとの再会を信じる、まさに希望の光を歌ったポジティヴなナンバーである。ツアー会場でのみ解禁している楽曲の初披露に、視聴者は大歓喜。同じ時代をそれぞれの場所で生きるファンの存在に想いを馳せ、繋がっていることを信じるメッセージを高らかに響かせた。

アンコールでは、2021年末の『第72回NHK紅白歌合戦』で歌唱した名曲を披露。オリジナルのリリースから今年で13年を数えるバラード。働き者であった亡き祖母への思慕を<その手が好きです>と歌う極めてパーソナルなこの曲は、コロナ禍で多くの人が見つめ直したであろう命の尊さを痛感させる、より普遍的な歌へと深化を遂げている。「今に繋がる時間、命の役割という、つくった時とは違う形、シーンを感じながら歌っている」とコメントし、真っ直ぐな眼差しで情感豊かに歌唱。新アレンジでレコーディングしたこの「道標 2022」が配信リリースされるのは、17歳の時に亡くなった父の享年
53歳の誕生日を福山自身が迎える、2月6日(日)である。
メンバーを送り出した後、一人残ってダブルアンコールを行ったのは予定外の出来事だった。「『裸の音』って言ってるんだから、弾き語りがないとダメでしょ?と」と微笑んだ福山。代々木競技場第一体育館は「思い出深い場所」だと語り、この会場でライブをすることが「デビュー当時の夢」であったと回想。念願の初公演は、奇しくも音楽活動休止中の1996年12月にファンクラブ限定ライブとして叶うこととなった。当時の心境を「『こんなにたくさんの方が待ってくださってる。音楽やんなきゃ、活動再開しなきゃ』という原動力になったんですよね。本当にありがとうございました」と振り返り、‘98年の再始動に繋がったと明かした。「もう一つの僕の始まりの歌と言っていいと思います」との紹介から、アコースティックギターの弾き語りで披露したのは12thシングル「Heart」。スタッフの手拍子に乗せ、軽やかなステップを踏み心底楽しそうに歌い奏でた。「やっぱり皆音楽人で、音楽に携わっているから、リズム良いね!」とスタッフのビート感を絶賛。スタッフの手拍子を伴奏に歌う初めての経験だと感慨深そうに述べながら、「いいですね。“一緒につくってる”という感じがすごくしました」と、満たされた表情を浮かべていた。手拍子の音は自然に大きくなっていき、思わず立ち上がり身体を揺らすスタッフの姿も多数。そこにいる誰もが立場の垣根無く音楽を介して心を通わせ合い、ライブを心から楽しんでいる幸福な情景だった。

「ライブがどんな形になったとしても、これを仕事として生きているメンバーの皆さんもスタッフの皆さんも含め、我々の仕事を見て“やっぱり音楽の役目、役割ってどんな時でもあるんだな”と感じていただけたら、僕がやりたかったことが届いたと言えるのではないか」と締め括り、8時間半に及ぶチャレンジングな配信ライブ『裸の音』を届け終えた。コロナ禍の時代が3年目に突入した2022年。配信ライブという形でも画面の向こう側にいるファンに想いを伝えるのは可能だということ。歓声を求めることはできない有観客ライブでも、エモーションは届くし互いに繋がれるということ。そういった、コロナの状況下で積み重ねてきた模索と実感を携えて、福山は今回、また新たな形でファンの心を揺さぶるライブエンターテインメントを提示した。スタッフを含めライブに携わる全員が音楽を楽しむ姿、現場の熱量をドキュメンタリーとしてありのまま見せることは、「ライブは不要不急ではない」と伝えるこれ以上ない説得材料となっていた。それは特定の職域に限った主張ではなく、どの場所にもそこで真剣に仕事をし、懸命に生きる人がいるのだと想像させる普遍的なメッセージにも繋がっていくことだろう。亡き父の名を冠した30周年記念アルバム『AKIRA』を主軸に据え、“命の役割とは何か?”を問い掛けるツアーは、感染拡大状況を見極めながら、2月19日(土)・20日(日)の静岡エコパアリーナからの再開を目指す。今回紡いだアナザーストーリーを経て、本編がどのような進展を遂げるのだろうか。

(取材・文/大前多恵)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着