中村雅俊、半海一晃、河本準一、アキ
ラ100%らが出演 舞台『富士見町ア
パートメント2022』上演決定

2022年4月28日(木)~5月8日(日)六本木俳優座劇場にて、舞台『富士見町アパートメント2022』の上演が決定した。
2010年、富士見町アパートメントの4つの部屋から生まれた、アパートの1室で繰り広げられる人間模様を描く4本の芝居が上演された。あれから12年、時は流れ時代は変わったが、富士見町アパートメントの1室から新たな芝居が生まれる。
今回上演されるのは、脚本:赤堀雅秋、演出:鈴木裕美の『海へ』。河本準一、アキラ100%、瀬尾タクヤ、本間日陽(NGT48)、大鷹明良の出演が決定している。
そして脚本:マキノノゾミ、演出:鈴木裕美の『フーちゃんのこと』。中村雅俊、半海一晃、越後はる香が出演する。
『海へ』概要
山盛りの灰皿、食べ残しのカップラーメン、足の踏み場もなく散らかった部屋。アパートの部屋の主が正月に自殺した。
部屋の主の弟である岡田(河本準一)は葬儀場から、兄の遺品整理のために部屋を訪れていた。そこに伊藤(アキラ100%)と金子(瀬尾タクヤ)の二人がついてきて、金子が生前部屋の主に貸したというお金の返済を岡田に迫るが、どこまでも半信半疑。
乱雑に散らかった部屋を探すことになるが、部屋の主の生前の様子が見てとれる品が出てくる。そんな中、主の日常をわずかに知ることができたのは、階下の住人である一風変わった土井(大鷹明良)が現れてからだった。またこの日金子の呼んだデリヘル嬢のミカ(本間日陽)が部屋にやってくる。見え隠れする部屋の主の日常生活とそれぞれの人生模様。
部屋の主の死によって生まれた一期一会の夜、やがて夜は明けていく。明日はこの部屋を明け渡さなくてはならない…。

『フーちゃんのこと』概要
サネトモ(半海一晃)は、名を馳せた詐欺師だった。表稼業は会計事務所を開きながら、妻子にもその正体を隠し通したまま、数々の詐欺を成功させてきた。だが、妻の死を機に、今は安アパートで気儘な隠居暮らしをしていた。ところが、ある日、アパートにやって来たのは、かつてサネトモと詐欺師コンビを組んでいた
風太郎(中村雅俊)だった!風太郎ことフーちゃんは稀代の詐欺師。発する言葉はどこまでがほんとなのか、
嘘なのか、長年コンビを組んでいたサネトモですら分からない。でもどこか憎めず、ふたりで大小の修羅場をくぐってきた。もはやその世界から足を洗い、隠居の身と決め込んでいたサネトモだが、孫の亜美(越後はる香)が詐欺師に騙されたと聞いて、これが今までの悪事の酬いかと思う。一泡吹かせようとフーちゃんは囁いてくる。長い空白の時間を経て、再び、相まみえた二人は…。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着