Track Beats #9【NieR:Automata / イ
ニシエノウタ 贖罪】コラボで歌って
みた&楽曲解説!

現役プロミュージシャンがゲーム音楽を
解説

ミーティアがお届けするYoutube Ch 『TRACK BEATS』
https://www.youtube.com/channel/UCxSy9V4KTX_9ZlBltvPQVzw

様々な作品の「音楽」について、その道のプロ達と共に分析・解説し、新しい見方・解釈・面白がり方を提示してゆくYoutube Ch。
テレビゲーム・スマホゲームなどの作品内の楽曲やネット発の話題の楽曲など、特定のジャンルにこだわらず様々な楽曲をテーマとして取り扱い、プロの作曲家・ミュージシャンの目線で分析・解説!
今まで何となく耳にしていた楽曲の新たな解釈を提示し、「なるほどそういう事だったのか!」「だからこう感じていたのか!」といった発見をみなさんと一緒に楽しんでいくChです。

NieR:Automata「イニシエノウタ / 贖罪

今回の解説テーマ楽曲はNieR:Automata(ニーア・オートマタ)より「イニシエノウタ / 贖罪」。
イントロなどの独特のリズムがもたらす効果、リアル”イニシエノウタ”であるグレゴリオ聖歌との関連性など、今回もゲーム体験を豊かにする楽曲解説が満載です。
動画の後半では、まさかのあの曲とのマッシュアップも!意外な組み合わせですが実際に聴いてみるとやけにしっくり。
ゲストのにしちーさんも交えて、TRACK BEATSメンバーのルーツに迫る「それぞれのイニシエノウタ」など最後まで見所が満載です!
【NieR:Automata / イニシエノウタ 贖罪】
現代のアーティストにも影響を与えるイニシエノウタからのメッセージ!?

初のコラボで歌ってみた動画も!

今回は TRACK BEATS 開始以来、初のコラボにて、にしちーさんと共にお送りします。
通常の楽曲解説動画だけでなく『「イニシエノウタ / 贖罪」coverd by にしちー&nabe』としてカバー曲動画も併せて公開!
解説動画とあわせて見れば、細かいポイントもより分かりやすくなるはず。地球上のどの言語とも違う、独自の”カオス言語”の歌詞を歌いこなす、にしちーさんの素敵な歌声も必聴です!
【NieR:Automata】「イニシエノウタ / 贖罪」coverd by にしちー&nabe

【にしちー】 東京都出身のシンガーソングライター。 かわいらしくもかっこよくも聴こえるハイブリッドな歌声と、詩的でオリジナリティの突き抜けた歌詞が持ち味。 初のオリジナル曲「あなたに」がYAMAHA music revolution関東大会で奨励賞を受賞、J-WAVE SONAR MUSIC「GIANT LEAP THE RADIO」にて「サクリファイス」が優秀曲に選出され、番組内でOAされる。 また、主にカバー動画をアップしているYouTubeチャンネルは、総再生回数が670万回、登録者数は11000人を突破している。 にしちー official HP:https://www.nishichiii.com/ YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC0iAacx8E9jY97GteL-eZGw Twitter:https://twitter.com/nishichiii Instagram:https://instagram.com/nishichiii_

解説&楽曲動画では演奏も!多才な TR
ACK BEATS 出演者

【nabe】 ピアニスト/プロデューサー/コンポーザー/アレンジャー/DJ/クラフトビール屋 バークリー音楽大学卒業。 Jpopをメインにアーティストのプロデュース、楽曲制作、アレンジで数多くの作品を手掛ける。ミュージシャンとしてツアーやフェスなどにも出演し全国をトビ回る。 歌舞伎町のミクストラン「麦ノ音」プロデュース。 2021年の大晦日には初出場の平井大と共に「第72回 NHK 紅白歌合戦」にも出演。 平井大, eill, Kazuya Miwa, Omoinotake, lol, etc. 実際に楽器を演奏しつつの分かりやすい解説や、卓越した演奏技術での即興セッションは要注目。

【米田望(nozom yoneda)】 Producer, Composer, Sound Designer, Production Manager 1977年生まれ。石川県金沢市出身。東京都在住のフリーランスの音楽家。 映像の音に関するプロフェッショナルとして数々のプロジェクトに参加している。作曲、編曲、サウンドデザインだけではなく、セルフ・プロデュースでの企画から制作まで、幅広い工程をこなす自己完結スタイルの現代的な作曲家。 JAZZ理論を学んだ後に、クラブ・ミュージック、映画音楽、電子音楽などを経験し、それらの影響を受けたハイブリッドな技法を用いてジャンルにとらわれない映像的な表現を試みている。現在は広告や娯楽作品など、映像コンテンツのサウンドトラック制作を生業とししながら、同時にフィールド・サンプリングで音楽を構築するエクスペリメンタル・アーティストとしても活動中。 近年の参加作品 2016『ユーリ!!! on ICE』テレビ朝日 2018 映画『来る』中島哲也監督作品 TRACK BEATSで見せる、深い音楽知識と多くの経験に基づく鋭い楽曲分析が魅力。

今回も、ゲームを遊んだことのある人はもちろん、そうでない人でも、作品における音楽の役割・効果や「なるほどそうだったのか!」と感じてもらえる動画になっています。

今後も引き続きTRACK BEATSでは、あらゆる”楽曲”の分析・解説動画をアップしてゆきます。
動画のコメント欄では「取り上げてほしい、解説してほしいゲーム音楽」などリクエストもお待ちしております!
また、Ch登録・グッドボタンなどなど、宜しくおねがいします!
https://www.youtube.com/channel/UCxSy9V4KTX_9ZlBltvPQVzw

Track Beats #9【NieR:Automata / イニシエノウタ 贖罪】コラボで歌ってみた&楽曲解説!はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着